肺炎 治療

薬の雑学 きちんと知ろう!正しく使おう! 

薬は正しく使ってこそ、効果があらわれるのです。
薬は病気や怪我を治すという有用な作用だけでなく、
使い方によっては毒になることもあります。
薬について、このサイトで正しい知識を身につけてください。

サイトマップ TOP >

医薬分業とは

i医師と薬剤師が業務を分担することです。



医師の診断を受けた後、病院や診療所で薬をくれるかわりに処方箋を渡されて、「薬局で薬をもらってください」と言われることが増えています。

これが、医薬分業です。

処方箋には、薬の名前、種類、量、使い方などが書かれています。

これを薬局に持っていくと、薬剤師が「飲み合わせ」等を確認の上、調剤し、薬の種類や飲み方など必要な説明を渡してくれます。

これは、医師が診療のための貴重な時間を割いて薬について患者さんに説明するよりも、薬のことは薬の専門家である薬剤師に任せようということです。

また、医師の処方を薬剤師がチェックし、確認するという役割もあります。

患者さんの方も、薬について薬剤師に気軽に質問できるなどメリットがあります。

かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師を決めて、上手に薬歴管理をしよう

調剤してもらう薬局は、患者さんが事由に選ぶことができます。

自分が安心して何でも相談できる「かかりつけ薬局」を決めておき、薬剤師に次のことを、わかる範囲でできるだけ詳しく伝えましょう。

@自分や家族の体質
Aアレルギーの有無
B病歴
C以前起きた副作用など

薬局では、これらを薬歴として管理し、患者さんが安心して薬を使えるように、以後の調剤や相談に役立てます。

薬の手帳を上手に利用しよう

薬局では、希望すると「薬の手帳」をつくってくれ、調剤内容などをその都度記録してくれます。

この「薬の手帳」を医療機関や薬局に利用する際に提示すると、いつ、どんな薬を服用したかということ(薬歴)が確認できます。

複数の医療機関にかかっているときや、いろいろな薬を服用しているときには、薬の重複はないか、飲み合わせは大丈夫か、なども確認してもらえ、より安全に薬を使うことができます。(若干の技術料が必要です)


雑学 

薬だけほしい場合、薬局に行けばいい?

医薬分業といっても、そうはいきません。

市販薬でいいなら別ですが、医師が処方してくれる薬は、病院や診療所を受診して処方してもらうのが前提です。

薬剤師はあくまで、診断した医師が症状に応じてだす処方箋に基づいて、一回限り、処方された量だけを調剤するのです。

ですから、患者さんはその都度受診して、処方箋をもらわねばなりません。

かかりつけ薬局・薬剤師を選ぶポイントは?

かかりつけ薬局・薬剤師を選ぶポイントは、薬剤師の対応がよいことが何より重要です。

@薬について丁寧に教えてくれる
A余所でもらった薬についても気軽に相談できる
B話をよく聞いてくれる
C一方的に薬をすすめない
D病気のときに利用するのだから、家から近いこと

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
我が家の薬箱を点検しよう!
医師の薬と市販薬
内服薬と外用薬
薬の正しい飲み方
子供に上手に薬を飲ませる方法
お年寄りの体と薬
妊娠しているときの薬
薬についてのQ&A
医薬分業とは
健康食品を上手に利用する
ジェネリック医薬品について
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?











































鳥越俊太郎 漢方医




薬の雑学 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。