あっちずサイトゼロから学べる!おまとめローンの基礎知識 

↑↑こちらは総量規制対象外

もう借金で苦労するのはやめましょう。
おまとめローンがあなたを楽にします。

【Frontier Affiliate2】2800本以上の販売を記録した「初心者アフィリエイター救済パッケージ」の第二弾!トップアフィリエイターの「完全・自動で稼ぐ仕組」を6つまとめた究極のアフィリエイトパッケージ!フロンティア・アフィリエイト2
私の多重債務!体験談
おまとめローンはどうお得?
低金利おまとめローンへ借換え
カテゴリ別おまとめローン
  借入れ件数別おまとめローン
  借入れ金額別おまとめローン
 キャンペーン中!おまとめローン
  ジャパンネット銀行・スルガ銀行
  ライブドアクレジット・オリコ
  共済クレジット・マイワン
  シティファイナンス・NOLOAN
  スタッフィ・ネットカード
  シンセイ・八重洲クレジット
  DCキャッシュワン
  StepOne・CFローン
  ディック・キャレント
  アットローン・イコールクレジット
  ユニマットレディス
お薦めおまとめローン金利ランキング
ローンを知る
  おまとめローン申し込みで注意すること
  おまとめローンに必要書類などはコレ
  だれかに借金がばれる?
  おまとめローンの審査を通るコツ
  保証人についての知識
  ローン金利の種類
  ローン金利の計算
  ローン金利計算フォーマット
  おまとめローン返済計画をたてる
  ローン金利を減らす技
  金利のグレーゾーンと過払い金
 信用情報機関とブラックリスト
  裏の情報
借入先が多すぎる場合の作戦
借金を減らすには
  収入を増やす方法
コラム
  金利引上げで重たい変動金利ローン
  無理して買った車のローン
  ブランド物買い漁りのローン地獄
  借金取りが来た!
  禁止されている取立て方法
  担保と差し押さえに関する知識
 過払い金取り戻し体験談
 改正!貸金業法
どうしても返済できない場合は
  任意整理・特定調停・民事再生
  最終手段の自己破産
 返済相談先一覧
FAQ
おまとめローン用語説明
サイト管理者
リンクについて
当サイトへの質問箱BBS
ローンサイトのリンク集
お役立ちリンク集

日銀金利引き上げで重たい変動金利ローン

不景気時期は景気をよくしようと、日銀が貸し付け金利(公定歩合)を引き下げてお金の流動を活発にして経済活動を促進しようとします。(一時期のゼロ金利政策は有名です)



日銀の金利が下がるということは、一般銀行の預貯金の金利も下がりますが、ローン(特に変動金利のもの)などの貸付の金利も下がります
このときはローンのプライスダウンです。

ローンをしている人にとっては残念ですが、好景気には逆の現象が起こります。(今の時代、個人所得は増えないのに景気だけよいと言われており、ローンを抱える身では非常に嫌な経済状況になっています)

変動金利と固定金利

通常、ローンには金利には変動金利型固定金利型があります。特に住宅ローンなど長期返済で大きな金額のものはこの部分が大きく影響しますので売り文句にこの関連のことが入っていることが多いです。
最近だと、フラット35(楽天やSBIなど)というのが流行ってますが、これは支払う期間ずっと固定金利である商品です(他にもメリット・デメリットはありますが)。
つまり景気の変化に左右されず、安定した返済が約束された商品なのです。住宅ローンともなると返済期間がだいたいでも35年くらいのローンになりますよね。
この間、景気の変動がないわけがないのですから、安定した返済計画がたてられ非常に素晴らしいものだと思いますが、貸付業者としては景気変動のリスクがありますので、その分金利が高めに設定されています。
逆に変動金利は、景気の影響をもろにうけますので、不景気のときは金利が安く、好景気のときは金利が高くなります。ちょっと博打感がありますが、返済初期に不景気なときは当初の借入額が多きいときの金利が低くなりますので固定金利よりも総支払い額が少なくなることもあります。使い方次第ですが、都合のいい売り文句に騙されてはいけません

不景気に始めた変動金利の住宅ローン

不景気時期に金利が安いこの時期に!というたい文句で販売された変動金利型の住宅ローン。
2007年現在、景気は戦後最長の好景気で日銀も金利を引き上げ、各ローンの金利も上がってきています。
どこまで続くかわからないこの好景気ですが、一般家庭の収入は伸び悩んでいる状況です。
支出は増えるが収入は増えない。
家庭では、住宅ローンが非常に重たいものになっているのではないでしょうか?

条件が合うなら借換して返済額を減らそう!

住宅ローンの場合、金利が安くなる借換ローンが多くあります。但し、しっかり計算して本当にお得なのかを確認しましょう。というのもローンを借り換えるのに諸経費が発生するからです。
どれくらいなら借換えが有利なのか?参考までに一般的な目安です。
1.金利差(現在の金利と借換先n金利の差)が1%以上
2.残存返済期間10年以上
3.残存返済残高1000万円以上
どうですか?当てはまりましたか?
金利差を比較するなら楽天モーゲージやSBIモーゲージ、 新生銀行 がお薦めです。固定金利で金利が安い、諸費用が安いなど今選ばれている住宅ローンです。

この辺の最新情報は 月刊住宅ローン なんかを読んでもいいのではないかと思います。

もしも!
住宅ローンが払いきれなかったら、住宅を手放さないで、債務整理する方法があります。




<<<コラム 次>>>
住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法



ゼロから学べる!おまとめローンの基礎知識 All copyrights 2007 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。