あっちずサイトゼロから学べる!おまとめローンの基礎知識 

↑↑こちらは総量規制対象外

もう借金で苦労するのはやめましょう。
おまとめローンがあなたを楽にします。

【Frontier Affiliate2】2800本以上の販売を記録した「初心者アフィリエイター救済パッケージ」の第二弾!トップアフィリエイターの「完全・自動で稼ぐ仕組」を6つまとめた究極のアフィリエイトパッケージ!フロンティア・アフィリエイト2
私の多重債務!体験談
おまとめローンはどうお得?
低金利おまとめローンへ借換え
カテゴリ別おまとめローン
  借入れ件数別おまとめローン
  借入れ金額別おまとめローン
 キャンペーン中!おまとめローン
  ジャパンネット銀行・スルガ銀行
  ライブドアクレジット・オリコ
  共済クレジット・マイワン
  シティファイナンス・NOLOAN
  スタッフィ・ネットカード
  シンセイ・八重洲クレジット
  DCキャッシュワン
  StepOne・CFローン
  ディック・キャレント
  アットローン・イコールクレジット
  ユニマットレディス
お薦めおまとめローン金利ランキング
ローンを知る
  おまとめローン申し込みで注意すること
  おまとめローンに必要書類などはコレ
  だれかに借金がばれる?
  おまとめローンの審査を通るコツ
  保証人についての知識
  ローン金利の種類
  ローン金利の計算
  ローン金利計算フォーマット
  おまとめローン返済計画をたてる
  ローン金利を減らす技
  金利のグレーゾーンと過払い金
 信用情報機関とブラックリスト
  裏の情報
借入先が多すぎる場合の作戦
借金を減らすには
  収入を増やす方法
コラム
  金利引上げで重たい変動金利ローン
  無理して買った車のローン
  ブランド物買い漁りのローン地獄
  借金取りが来た!
  禁止されている取立て方法
  担保と差し押さえに関する知識
 過払い金取り戻し体験談
 改正!貸金業法
どうしても返済できない場合は
  任意整理・特定調停・民事再生
  最終手段の自己破産
 返済相談先一覧
FAQ
おまとめローン用語説明
サイト管理者
リンクについて
当サイトへの質問箱BBS
ローンサイトのリンク集
お役立ちリンク集

おまとめローン返済計画を立てる

おまとめローンをするに当たって、再び多重債務に陥ることがないようにするためには、しっかりと収支バランスを考えた返済計画を立てることが必要です。

とはいっても簡単に計画を立てられるようならとっくに立てて、多重債務なんかにはならないですよね(^_^;)。計画性がないか、気づいたときには手遅れ状態のどちらかでしょう。

ここでは私なりのやり方ですが、例を挙げて返済計画を立ててみますので、一緒に作ってみましょう。

1.まずは、1ヶ月の収入と支出を洗い出してみましょう。

収入は、給与のここ最近の平均の手取りです。副収入がある方はそれも入れましょう。

支出は、食費・家賃(駐車場代含む)・水道光熱費・保険料・交通費(車の維持費含む)・交際費(平均)・嗜好品(タバコ代/ビール代など)・養育費・その他雑費にわけてみましょう。小遣い制の方は必要な出費だけに絞ってください。

おまとめローン返済に充てる支出は後で追加するのでここでは入れません。

<Aさんの場合>
収入:150,000円(年収250万円)
支出:128,000円
 食費:30,000円
 家賃:55,000円
 水道光熱費:8,000円
 保険料:3,000円
 交通費:10,000円
 交際費:7,000円
 嗜好品:5,000円
 その他雑費:10,000円

どうですか?これだけでも出費を抑えられるところが見える気がしませんか?

例えば自動車保険料生命保険料を見直すとか、食費を自炊して抑えるとか・・・買い物は必要最低限だけのものにするとか・・・どうしても欲しいものはオークションなどで最安品を見つけて買うとか・・・。

お金の節約術は佐賀のがばいばあちゃんを見習いましょう。

食費の節約は、「定番メニュー作り方読本 自炊しまショウ―食費節約生活のススメ」なんてどうでしょう。

家賃の安いところへ引っ越すのも手かもしれません。(交通費も考えてください)

2.ローンの支払いにどれだけ当てられるかを考えてみましょう

普通は手取りの10%を超えるローンの支払いは、貯蓄する余裕すらなく、きついものです。

20%を超えると生活に多少なりとも支障が出てきます。

Aさんの場合、収支上は22,000円の余剰は出てますが、月によって多少は上下するでしょうから、収入の10%の15,000円を返済額に当てるようにするのが妥当だと思われます。

3.返済額を増やす

しかし、多重債務の人が月15,000円の返済では返済期間が長くなってしまい大変だと思います(場合によっては規定の毎月返済額に届かない)。
さぁどうすればいいか?

単純なことで収入を増やす支出を減らして返済に充てられるお金を増やすことです。

支出を減らすにはどうするのか?

我慢です。

多重債務を抱えていて生活レベルを落とさないというのは、私の経験談にもあるように愚か者の行為です。(自分のコトを棚にあげておいて何ですが)考えを正さなければなりません。

何を優先するのかどれだけの期間で返済するつもりか?をよく考えましょう。

例えば、夏はクーラーをかけないで扇風機の弱風で我慢するとか、近い場所には歩いていくとか、コンビニ買い食いはやめるとか・・・身近なところで「やれること」はたくさんあるはずです。

厳しいかもしれませんが借金を早く返すためです。がんばりましょう!
収入を増やすことについてはコチラで説明していますので参考にしてください。

4.返済期間の目標を立てる

おまとめローンは、「借入額」と「月々の返済額」が決まれば、あとは申し込むだけでおのずと返済計画は立ってしまう(自由返済型を除く)のですが、今まで「多重債務を作ってきた人」にとっては、これではまだ甘いと思います(おまとめローンの中には自由返済のものもあるので、そういったものを選択するなら尚更です)。

そこで私は、おまとめローンで設定した返済期間とは別に返済期間の目標を立てることをお奨めします。

大抵のおまとめローンでは、繰上げ返済が可能(無料で)です。繰り上げ返済とは、返済期間よりも早く借入残金を一括して支払うことです。

当然、金利も早く返す分お得ですし、借金が早くなくなるのは非常に良いことだと思います。

毎月の返済額は確実に支払い、別で貯金しておくのです。そして一括で借入残金を支払えるだけ貯まったら、繰上げ返済で支払ってしまうのです(金利と借入残金の計算はこちらで説明しています)。

この貯金目標(返済期間の目標)を「いつまで」に「いくら」とたてておくのです。

浪費癖の人は「今月は収入が多かったから」とちょっとでも余ったお金は使っちゃうでしょ。

だからこういったことで自分を窮地に追い込むことが必要だと私は考えます。

Aさんの例でいけば7,000円余りが出ますから5,000円は貯金に回すべきでしょう。

ちなみに私は目的のある貯蓄を「貯金」と呼んでいます。



<<<金利の計算 金利を減らす技>>>
住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法



ゼロから学べる!おまとめローンの基礎知識 All copyrights 2007 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。