バイバイ喘息発作!気道を守る喘息発作予防術

もしかして喘息? 

4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法

明け方に、タバコの煙に、満員電車で・・・・そんな中でせき、たん、息苦しさを感じたら。もしかしたら喘息なのかもしれません。

サイトマップ

小児喘息コントロール

喘息をきちんと治療するには、まず、病気の本質を知ることが必要です。



小児喘息の大半は、埃やダニなどに免疫細胞が過剰に反応(アレルギー反応)して起こります。

乳児では、風邪などの感染症が関わっていことも多いです。

このアレルギー反応により、気道に炎症を起こしますが、問題は発作のないときでもこうした炎症が慢性的にあって気道が腫れているということです。

発作は何らかのきっかけで炎症が急激に重症化したもので、慢性炎症の延長上にあるという事実を知ることが治療の第一歩です。

治療の中心はこの慢性炎症を抑える長期管理薬の服用です。

症状がないときでも薬は毎日飲む必要があります。

主治医の指示に従って、上手にコントロールすれば、薬を減らして喘息から脱却することも可能です。

とはいえ、日々の服用はお母さんに何かと負担になることもあるでしょう。

今は、味も殆どなく、1日1回飲めばいい長期管理薬がありますから、主治医に相談してみてください。

薬を嫌がる子にはヨーグルトなどに混ぜて与えるのも一案ですが、服薬回数の少なさは、服薬方法の工夫に勝るでしょう。



春は生活環境の変化によって子供たちも少し緊張気味。

ストレスは症状悪化につながるので、生活リズムに気を配り、夜の睡眠時の様子などを見守ってあげてください。

喘息の引き金としては、埃やダニの他に、ペットの毛や羽根、ウイルス感染、激しい運動、タバコの煙、気温や気圧の急激な変化などが挙げられますが、治療に際してはこれらの引き金を減らす環境改善も大切です。

ただし、アレルギー反応を起こすかどうかは気道の過敏性にも左右されます。

体質のほか、赤ちゃんのときからこうしたものに過剰に囲まれていると気道は過敏になりやすいです。

逆に水泳には過敏性を弱める効果があるとされています。

発作を何度も繰り返すと喘息は悪化しやすく、気道の内壁が次第に硬く肥厚して難治化にもつながります。

そうならないためにも、喘息という病気や治療の根本を知って子どもたちを守りましょう。



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
こんな症状があったら喘息かも
喘息ってどんな病気?
どんな発作が起こる?
喘息の治療
どんなことに気をつければいい?
小児喘息コントロール
大島式喘息予防術
リンク集
たった1週間で症状が消える! お金のかからない、花粉症・喘息の根本的治療法!!
アレルギー性鼻炎 を自宅で改善する【アレルギー性鼻炎改善プログラム】
アレルギー緩和事典








































もしかして喘息? All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。