内職をはじめる!

そこで、短期間で収入をアップさせるためには副業が最適です。副業も自分に合ったものを選べば、疲れやストレスが溜まったり、休息時間が減るといった苦しさをそれほど感じないでしょう

ルールに従うだけで継続的な副収入が発生する「株式投資」

ルールに従うだけで継続的な副収入が発生する「株式投資」

ルールに従うだけで継続的な副収入が発生する「株式投資」

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資は、企業が発行した株式を取引して売買益を稼ぐ資産運用です。

株式投資を始めるには、まず、売買手数料が安い証券会社を探し、ネット上で口座開設します。

IDとパスワードが発行されるとログインが可能になります。

次に、株を買うための余剰資金を証券会社の口座に振り込みます。

ひととおりの手順を覚えるためには、試しに銘柄を選んで買い、今度はチャートなどでタイミングを見計らって売ってみるとよいでしょう。

株式投資で着実に稼ぐためには、それなりの勉強が必要です。

投資はギャンブルではないので、一定のルールを設けることで、ローリスクな副業に変化します。

実際に稼いている人たちは、東証一部の銘柄しか売買しないとか、金価格の値動きで判断するといった複数のルールに従って利益を膨らましています。

そこで、成功者のルールをかき集めて、実践しながら独自のルールを構築することが重要です。

初心者が始めやすいルールに、テレビ番組で放送予定の企業の株価が上がるというものがあります。

1週間前の予告が番組の公式サイトに掲載されるので、次の日に買い注文を入れ、放送翌日にすぐに売ります。

ただし、その裏を読む必要もあります。

特集を組まれるほどの企業なら、短期間で株価が急落する心配はありませんが、取材が入るということはすでに注目が集まっているため、爆発的な上昇も期待できません。

一方、外食、小売、玩具などの銘柄を長期保有して、株主優待だけを狙うことでも初心者は利益を実感することができます。

たとえば、20万円以内で買える株でも、30%割引の食事券や5千円分の買い物券をもらえたりする場合もあります。

さらには、株主優待や配当がお得な企業では、権利確定日の直前に株価が上がるので扱いやすいようです。

権利確定日の2カ月くらい前に仕込んで、権利確定日の2日前に売却すれば、現金で設けることも可能です。

しばらく下降していた株価が動かなくなり、出来高も減少していると、これ以上は急激に下がらないと判断できるので買いでしょう。

そのあとに株価が徐々に上昇したら長期保有を決めます。

他にも、一部上場の大企業の株価が急落したとき、突発的に出来高が急増したら短期狙いで買いです。

これはシステムが自動的に損切りしているため、あとで心理的な要素が加わり、買戻しが発生することが多いからです。

新聞を読むだけでも、東南アジアに原発を建設するなどの最新情報を得ることができますが、どこの企業が有利に展開するかまでは覚えられません。

そこで、四季報で財務情報や業績予想を把握します。

そのうえでローソク足と移動平均線だけのシンプルな株価チャートで分析してみます。

また、短期トレードは本業に身が入らなくなるので、副業では中長期で利益が見込める銘柄を買う方がよいでしょう。

1回の大きな変動よりも、安定した一部上場銘柄医のほうが大きく損をするリスクも低いでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です