内職をはじめる!

そこで、短期間で収入をアップさせるためには副業が最適です。副業も自分に合ったものを選べば、疲れやストレスが溜まったり、休息時間が減るといった苦しさをそれほど感じないでしょう

副業を行うためには、優先度を把握して時間を有効活用する

副業を行うためには、優先度を把握して時間を有効活用する

副業を行うためには、優先度を把握して時間を有効活用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

「本業が忙しくて、副業する時間がない」という人がいます。

確かに超多忙な人は副業ができません。

しかし、本当は「やる気が乏しい」「要領が悪い」「体力がない」ことが原因だったりする場合も多いようです。

総務省の調査結果では、自由時間の平均は平日が約3時間、休日が約7時間といわれています。

つまり、年間には1515時間も自由時間があるのです。

これだけの自由時間があるのなら、「忙しい」とは言い切れません。

そこで、睡眠、仕事、副業、家事、食事、育児、通勤、趣味・娯楽、休養などの自分の行動を、「重要度の高・低」×「緊急度の高・低」の4象限マトリックスに分類し、副業の優先度を把握することで、時間を有効活用するとよいでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です