内職をはじめる!

そこで、短期間で収入をアップさせるためには副業が最適です。副業も自分に合ったものを選べば、疲れやストレスが溜まったり、休息時間が減るといった苦しさをそれほど感じないでしょう

古本1冊あたり500円の利益になる「せどり」

古本1冊あたり500円の利益になる「せどり」

古本1冊あたり500円の利益になる「せどり」

このエントリーをはてなブックマークに追加

せどりとは、古本屋で古本を安く買い、ネットで高く売りさばいて、利鞘で儲ける方法のことです。

自由時間をフルに活用すれば、月20万円程度の副収入を得ることも可能です。

1週間のうち、3~6時間を仕入に、1時間を出品に、そして、3時間程度を発送の時間に使います。

せどりを始めるには、古本の売値が安い全国展開のチェーン店のモバイル会員になります。

会員になると、定期的にセール情報や割引クーポンがメールで送られてくるので、できる限りセール日の開店前に並び、在庫を仕入れます。

2cm位の厚さで、背表紙がきれいなビジネス書を探し、購入する前に、携帯サイトでAmazonの中古価格を確認します。

そして、「中古品価格-購入価格」で利益が出る本だけを、次々に買い物かごに入れます。

購入した本は紙袋で渡されるので、キャリーバックに入れて持ち帰ります。

在庫を確保したら、Amazonで販売するためのアカウントを登録して、出品手続を行います。

なお、裏表紙のバーコードの下にあるISBNコードを入力すると、詳細情報が表示されるので、通常のネットオークションのように自分で写真を撮影する必要はありません。

次に出品価格を決めて、商品が売れるのを待ちます。

商品が売れたら、丁寧に梱包して、2日以内に発送し、メールで購入者に発送完了の連絡を送信します。

販売代金はAmazon経由で口座に振り込まれます。

絶版本やレア本は定価の数倍で取引されているので、1冊で1万円以上の利益になる場合もあります。

せどりを成功させるための一番のコツは、売れる本を仕入れることです。

そこで、携帯サイトで中古価格を調べる際には、いっしょに表示される販売ランキングもチェックします。

過剰在庫にならないようにするためには、ランキングの10万位以内の本が望ましいでしょう。

このようなルールに従って仕入れると、1日に全在庫の1~3%程度が売れていきます。

つまり、1冊あたり500円の利益が出る本が200冊あれば、1日2~6冊は売れるので、月に3万円程度の収入になります。

利益を生みやすいのは、種類と在庫が豊富なビジネス書です。

中でも発行日が新しく、増刷していると価格が高い傾向にあるので、本の最終ページをチェックすることが重要です。

一般的に、ビジネス書の定価は1200~1600円、専門書の場合は3~4000円と高額ですが、大手チェーン店のセールでは500円くらいで売られています。

そこで、常に仕入れ価格は500円に抑えて、Amazonでは1000円以上で売りさばきます。

大型店舗には「せどらー」と呼ばれる同業者が集まるので、開店30分前には並んだり、セール前日から仕込みをします。

店がオープンしたら、黙々とカゴに本を入れていくので、想像以上に競争が激しい副業です。

そのうえ、何十冊も持ち帰るのは重労働で、自宅に在庫を保管するスペースも必要となります。

本を発送する場合の梱包は、緩衝材を使用せず、ビニールで包むだけにします。

届け先の住所はAmazonで印刷して封筒に貼り付けます

。送り主の住所はあらかじめスタンプを作成しておくと便利です。

せどり支援ツールも販売されており、ネットでバーコードを読み込むだけで出品作業が完了し、届け先はシールで印刷、発送メールを一斉配信できるなど、本物の書店に近い環境を構築することもできます。

発送は同じ配送業者に集荷してもらうことで、割引料金を適用してもらえる場合もあります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です