内職をはじめる!

そこで、短期間で収入をアップさせるためには副業が最適です。副業も自分に合ったものを選べば、疲れやストレスが溜まったり、休息時間が減るといった苦しさをそれほど感じないでしょう

自宅にいながら空いた時間にできる「ウェブライター」

自宅にいながら空いた時間にできる「ウェブライター」

自宅にいながら空いた時間にできる「ウェブライター」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブライターとは企業のサイトに掲載する文章を執筆する仕事で、業務のやり取りはメールのみなので、時間に縛られず、在宅でできる副業です。

ウェブライターの仕事を始めるには、まず、ネットで「ウェブライター」「SOHO」と検索し、仲介会社を探し、その仲介会社に会員登録します。

ちなみに登録料は無料で、金銭は支払う必要ありません。

優先的に案件を回してもらうためには、得意分野や経験をアピールするとよいでしょう。

執筆依頼を受けたら、テーマに沿った文章を作成して、期日までに納品します。

依頼主からOKが出ると、指定の銀行口座に代金が振り込まれます。

報酬額は駆け出しのライターの場合、400文字200円程度が一般的で、記事はブログなどに投稿されます。

実績があるライターの場合は、800文字640円程度で、サイトに使う記事を執筆します。

つまり、単価が1文字0.8円だとすると、原稿用紙1枚分を20分で仕上げれば、時給換算960円になります。

依頼内容は多岐にわたりますが、専門知識がなくても問題ありません。

しかし、与えられたテーマを徹底的に調べ、オリジナルの文章にリライトするスキルが求められます。

そのうえで、得意分野を持つとさらに有利です。

また、大手企業が依頼主になると、プロのライター同様に高単価の案件も期待できます。

ウェブライターの最大のメリットは、自分で時間が調整できる点でしょう。

本業の退社時間が毎日変わり、平日の仕事帰りに決まった時間から働くことが無理な人には特に最適な仕事であるといえます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です