内職をはじめる!

そこで、短期間で収入をアップさせるためには副業が最適です。副業も自分に合ったものを選べば、疲れやストレスが溜まったり、休息時間が減るといった苦しさをそれほど感じないでしょう

知っておきたい副業のルール

人からの紹介を大切にして、ツテとコネをフル活用する

人からの紹介を大切にして、ツテとコネをフル活用する

ツテやコネとは、大勢の人に会って人脈を築く能力です。

調査結果では、副業を始めるきっかけとして「人からの紹介」が上位にランキングしており、「ネットで探す」「アルバイト情報誌を買う」よりも多くなっています。 (さらに…)

成功報酬の副業にはネットは欠かせないツール

成功報酬の副業にはネットは欠かせないツール

ネットで副業している人が増加しています。

体を動かさないので疲労感が少なく、他人に気を使わないのでストレスも限られています。

移動時間の節約になり、自宅でいつでもできるので融通も利きます。

その種類もかなり豊富で、少額から投資できるFXや株取引や、モニター調査や写真販売、ライターや翻訳などさまざまです。

ネットオークションでは物品を自由に販売でき、商品数とクオリティを向上させることで、ネットショップのオーナーになることも可能です。

なかでも注目されているのがアフィリエイトで、サイトを1つ持っていれば、個人でも広告メディアになれます。

しかも、期待できる収入金額も多く、本業にはない魅力があります。 (さらに…)

一攫千金を狙うなら本業以上に努力しなくてはならない

一攫千金を狙うなら本業以上に努力しなくてはならない

副業では「楽して儲けたい」という考え方は失敗の原因となります。

一攫千金を期待して副業を始めると、長続きはしません。

なぜなら、副業は本業の一部だからです。

その仕事を本業にする人もいれば、副業にする人もいます。

そして、本業で稼いだ30万円と副業で稼いだ30万円に特別な違いはないのです。

つまり、副業で本業よりも稼ぎたいのなら、本業以上の労力や時間、知恵を注ぐことを覚悟する必要があるのです。

一方、肉体的にも精神的にも負担が少なく、高額な報酬が期待でき、時間に縛られることもなく、楽しく飽きない副業など存在しません。

しかし、副業で大金を手にする人も中にはいます。

そういう人たちは、副業を新たなビジネスとして捉え、戦略的な努力を積み重ねているのです。 (さらに…)

スケジューリングは副業をイメージして決める

スケジューリングは副業をイメージして決める

今まであった自由時間を有効活用して副業を始めると、生活パターンが変わります。

そこで、時間に対する意識改革と大まかなスケジューリングが不可欠になります。

たとえば、残業時間が減ると、職場に拘束される時間が少なくなります。 (さらに…)

副業を行うためには、優先度を把握して時間を有効活用する

副業を行うためには、優先度を把握して時間を有効活用する

「本業が忙しくて、副業する時間がない」という人がいます。

確かに超多忙な人は副業ができません。

しかし、本当は「やる気が乏しい」「要領が悪い」「体力がない」ことが原因だったりする場合も多いようです。

総務省の調査結果では、自由時間の平均は平日が約3時間、休日が約7時間といわれています。 (さらに…)

あらかじめ会社に知られた場合の対応策を考えておく

あらかじめ会社に知られた場合の対応策を考えておく

副業を誰にも知られたくないなら、他人に話さないことはもちろん、なるべく人と接点がない仕事を選び、会社との距離が離れた場所で働く必要があります。

しかし、それでも知られてしまうことがあります。

そこで、あらかじめ正当性のある自己弁護を用意して、本業に支障をきたさないことだけは伝える必要があります。

もっともよい方法は、副業を始める前に直属の上司の許可をもらうことです。 (さらに…)

副業で過度の疲労、睡眠不足、ストレスを感じてはいけない

副業で過度の疲労、睡眠不足、ストレスを感じてはいけない

副業を続けるうえで、オーバーワークは常に意識したい問題です。

本業中に眠くなったり、仕事に身が入らなくなったりすると、大切な信用力を失い、挽回することも難しくなります。

たとえ、今までに十分な実績があったとしても、業務評価は相対的に下がり、長期的に見ると収入が減少することになる可能性もあります。 (さらに…)

就業規則を必ずチェックして、副業のリスクを認識する

就業規則を必ずチェックして、副業のリスクを認識する

銀行員などには、在籍したまま他の雇用主に雇い入れられたときには懲戒解雇の処するという罰則があります。

公務員法では、職務遂行上の守秘義務や信用失墜行為の防止という目的から、副業を禁止しています。

会社員でも、副業が発覚したことで免職などの重い処罰が課せられる場合があります。

そこで、副業を始める前には、本業の就業規則を熟読しておく必要があります。

また、本業を疎かにせず、副業はあくまでも二番手であることに徹していれば、転職や起業することになった場合でも、円満に退職することができるでしょう。

以下は、副業で処罰を受けた事例です。 (さらに…)

副業は転職と違いローリスク・ハイリターン

副業は転職と違いローリスク・ハイリターン

転職をしても収入が増えない人は決して少なくありません。

一方、収入面のみに不満があって転職した場合、一時的な年収アップになったとしても、転職先の業績が悪化して給料が下がる場合もあります。 (さらに…)