内職をはじめる!

そこで、短期間で収入をアップさせるためには副業が最適です。副業も自分に合ったものを選べば、疲れやストレスが溜まったり、休息時間が減るといった苦しさをそれほど感じないでしょう

知っておきたい副業のルール

本業で満たされない分を副業で稼ぐ

本業で満たされない分を副業で稼ぐ

サラリーマンが月収を3万円増やすには、数年待たなくてはなりません。

そこで、短期間で収入をアップさせるためには副業が最適です。

副業も自分に合ったものを選べば、疲れやストレスが溜まったり、休息時間が減るといった苦しさをそれほど感じないでしょう。 (さらに…)

自分ができる副業を知る

自分ができる副業を知る

多くの日本人は、大不況を経験したことで将来を楽観視できなくなりました。

そして、増えない収入には期待しなくなり、限られた支出の中で生活するための知恵を絞っています。

しかし、支出を減らすだけの生活には、いずれ破綻するかもしれないという危機感が伴います。

そこで、お金を使わないよりも、副業で稼ぐことを選ぶ方法があるのです。 (さらに…)

明確な目標を設定する

明確な目標を設定する

仕事ができる人には「やる気」「知識」「行動力」の3つの要素が備わっています。

副業をしてみたいと思っても、積極的に行動に踏み切れない人は、この中の「やる気」が足りないのです。

そこで、まず、目標を決めることで、モチベーションを上げるとよいでしょう。 (さらに…)

興味のある仕事を選び、副業を楽しむ

興味のある仕事を選び、副業を楽しむ

副業を選ぶうえでもっとも重要なことは、自分の適性を見極めることです。

一時的に数万円を稼ぐのではなく、いつまでも継続することができる仕事を選ぶことが重要です。

副業経験者には、金銭的な理由で始めた人と同じくらい、気分転換や趣味などのリラックス効果を求めて副業を行っている人がいます。 (さらに…)

本業が好きな人は本業に似ている副業を選んだほうがよい

本業が好きな人は本業に似ている副業を選んだほうがよい

本業の労働条件に不満がある人でも、少なからず興味のある仕事に関わっている場合が多いのではないでしょうか。

働いているうちに、その仕事の楽しさに気づいたり、本業が自分の得意分野となり、スキルが蓄積されたりしているはずです。 (さらに…)

本業で苦労している人は、違う仕事で気分転換をする

本業で苦労している人は、違う仕事で気分転換をする

調査結果によると、「仕事が楽しい」と答える人は約50%。残りの人は、「どちらでもない」「楽しくない」と答えています。

本業と似た仕事を副業にすることは理想的ですが、今の本業には満足していないけど、転職までしようとは思っていないという人は、本業とは違う副業を選ぶとよいでしょう。 (さらに…)

副業は転職と違いローリスク・ハイリターン

副業は転職と違いローリスク・ハイリターン

転職をしても収入が増えない人は決して少なくありません。

一方、収入面のみに不満があって転職した場合、一時的な年収アップになったとしても、転職先の業績が悪化して給料が下がる場合もあります。 (さらに…)

就業規則を必ずチェックして、副業のリスクを認識する

就業規則を必ずチェックして、副業のリスクを認識する

銀行員などには、在籍したまま他の雇用主に雇い入れられたときには懲戒解雇の処するという罰則があります。

公務員法では、職務遂行上の守秘義務や信用失墜行為の防止という目的から、副業を禁止しています。

会社員でも、副業が発覚したことで免職などの重い処罰が課せられる場合があります。

そこで、副業を始める前には、本業の就業規則を熟読しておく必要があります。

また、本業を疎かにせず、副業はあくまでも二番手であることに徹していれば、転職や起業することになった場合でも、円満に退職することができるでしょう。

以下は、副業で処罰を受けた事例です。 (さらに…)

副業で過度の疲労、睡眠不足、ストレスを感じてはいけない

副業で過度の疲労、睡眠不足、ストレスを感じてはいけない

副業を続けるうえで、オーバーワークは常に意識したい問題です。

本業中に眠くなったり、仕事に身が入らなくなったりすると、大切な信用力を失い、挽回することも難しくなります。

たとえ、今までに十分な実績があったとしても、業務評価は相対的に下がり、長期的に見ると収入が減少することになる可能性もあります。 (さらに…)