薬用人参とは 〜薬用人参の効果を知ろう〜 

薬用人参が人間の自律神経活動に効果的に働くことを知っていますか?
特に薬用人参が食欲のコントロールや体熱生産などを介した体脂肪の調節、血圧、血糖、正常な心臓自律神経の活動の維持、免疫機能の保全やストレスを軽減する副交感神経活動の亢進など、人のホメオスシス(恒常性)の自動調節をまかなっている自律神経に極めて有効であることが研究によって示唆されています。

サイトマップ TOP >

本当は怖い「低体温」

人間にとって理想的な体温は36.6〜37.0度といわれています。



体温が低くなると新陳代謝が低くなり、臓器の働きも鈍くなります。

また、身体の免疫力も低下して病気にかかりやすくなります。

薬用人参には、ホメオスタシス(恒常性)を保つ作用があり、人間の生命維持のためのコントロール(復元力)を助ける働きがあります。

34.5〜36.2度以下(低体温)

・新陳代謝が不活発。
排泄機能が低下し、むくみや便秘肥満が起こりやすくなる。
自律神経失調症ホルモンバランスの乱れ、アレルギーなども誘発される。
がん細胞は35.0度の状態をもっとも好むといわれている。
・体温が1度下がると、免疫力が37%下がり、さらに基礎代謝が12%下がる。

36.5度前後(理想体温)

・生命活動がもっとも活発になる体温
・内臓などの活動を支える酵素の働きを活性化させ、細胞の新陳代謝を活発にする。
酵素の働きは体温が1度下がると50%低下する。
免疫力も高く健康を保つのに理想の状態。

37.5度以上(発熱状態)

・風邪などの発熱時。
・体内では外敵や異物を攻撃する白血球の働きが活発になる。



痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット
薬用人参の歴史
薬用人参とは
薬用人参の種類
●薬用人参の七効説
1 補気救脱
2 益血復脈
3 養心安神
4 生津止渇
5 補肺定喘
6 健脾止瀉
7 托毒合瘡
本当は怖い「低体温」
効果的な服用法
薬用人参要求度
薬用人参Q&A
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?




薬用人参とは All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。