薬用人参とは 〜薬用人参の効果を知ろう〜 

薬用人参が人間の自律神経活動に効果的に働くことを知っていますか?
特に薬用人参が食欲のコントロールや体熱生産などを介した体脂肪の調節、血圧、血糖、正常な心臓自律神経の活動の維持、免疫機能の保全やストレスを軽減する副交感神経活動の亢進など、人のホメオスシス(恒常性)の自動調節をまかなっている自律神経に極めて有効であることが研究によって示唆されています。

サイトマップ TOP >

薬用人参の七効説 補肺定喘(ほはいていぜん)

肺の力を補い、喘息を止める

肺が空気を吸い込む力を助け、鎮咳、去痰を促し呼吸困難を改善。


免疫機能や抗炎症作用に効果があります。

免疫機能を高める

異物が侵入したときに起こる免疫機能の異常を正常化させる作用があり、

気管支喘息などのアレルギー性疾患を鎮めます。

抗炎症作用

薬用人参中に含まれるサポニンには抗炎症作用があるため、呼吸困難を改善し、咳、痰を鎮めます。


サポニン

薬用人参の薬効成分の中心は豊富なサポニン群です。

サポニンとはギリシャ語で泡立つという意味で、水に溶かして振ると泡立つ性質があります。

薬用人参はこのサポニン群(ジンセノサイド:ginsenosideと呼ばれる)を1〜3%含んでいることがわかっています。

人参サポニンは大きくわけると3通りの骨格をもつサポニン群に分けられます。

これらの人参サポニンはそれぞれ薬理作用が異なり、「中枢神経に抑制的に作用する」「末梢血管に対しては強い拡張作用をもつ」「その拡張作用の機序を異にする」「中枢神経に対して興奮的に作用する」など、違う作用をもつものが多く含まれます。

薬用人参にはこのように多くの有効成分が一緒に含まれており、これが洋薬など合成薬剤にはみられない広汎にして多彩な薬効を示し、一見神秘的とも思われるゆえんでもあります。

痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット
薬用人参の歴史
薬用人参とは
薬用人参の種類
●薬用人参の七効説
1 補気救脱
2 益血復脈
3 養心安神
4 生津止渇
5 補肺定喘
6 健脾止瀉
7 托毒合瘡
本当は怖い「低体温」
効果的な服用法
薬用人参要求度
薬用人参Q&A
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?












薬用人参とは All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。