バイバイ喘息発作!気道を守る喘息発作予防術

妊娠・授乳と喘息治療 

4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法

妊娠がわかってから、喘息治療をやめてはいませんか?授乳に喘息治療薬がよくないのでは?と不安をもってはいませんか?

サイトマップ

初乳の大切さ

母乳は人によりますが、出産3日後くらいから出るようになります。

初めてお母さんの乳房から出る母乳は初乳といわれます。

必ず赤ちゃんに与えてください。

無菌状態で生まれた赤ちゃんには、自分をウイルスや最近から守る力(しくみ)がまだないのです。

初乳には、赤ちゃんの身体を様々な菌から守る免疫物質や細胞がたくさん含まれています。

初乳を飲むことで、赤ちゃんは約6ヶ月間、自分の身体を守ることができます。

この間に赤ちゃんは自分の身体の免疫(病気から身体を守る)力を自分自信でつくっていくのです。

育児書に書かれていませんか?

「秋に生まれた赤ちゃんは風をひかない」と。

秋に生まれ初乳を飲むと、冬のかぜの季節を初乳の免疫成分の力で守ってもらえるからです。

一方初乳にはアレルギーを防ぐ力もあるのです。

ずっと母乳栄養で育てられなくても、どうか可能であれば初乳だけは赤ちゃんに与えてください。


ご主人の薬の影響は?



喘息(咳喘息・小児喘息・気管支喘息) を自宅で簡単に克服する「喘息克服プログラム」
はじめに
妊婦さんは喘息になりやすい
お母さんが喘息治療をしないと
どんな喘息治療が必要?
吸入ステロイド薬はどうして安全?
その他に使う喘息治療薬
妊娠中に使う薬の安全性
妊娠の時期と赤ちゃんの感受性
授乳期の注意
初乳の大切さ
ご主人の薬の影響は?
お母さんが本当に避けなければならないものは?
あなたの喘息は、薬が必要ですか?
ピークフローについて
大島式喘息予防術
リンク集
たった1週間で症状が消える! お金のかからない、花粉症・喘息の根本的治療法!!
アレルギー性鼻炎 を自宅で改善する【アレルギー性鼻炎改善プログラム】
アレルギー緩和事典

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ









高血圧症



妊娠・授乳と喘息治療 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。