痔の種類と症状と養生法 

肛門疾患は身近な病気ですが、場所が場所だけに恥ずかしい気持ちが強く、専門家に相談しないで誤った自己治療をして悪化させてしまう方が多いようです。そんな方のために、ご自身の症状からある程度の診断の目安がつくように説明しています。

サイトマップ TOP > 痔の症状と種類 >

裂肛(きれ痔)

太くて硬くなった便が無理に通過したため、肛門の出口付近が切れて起こる痔です。

排便時に紙につく程度の出血と痛みがあります。

裂肛が慢性化してしまうと傷口が潰瘍状になり、強い痛みが排便後も続く場合があります。



裂肛の慢性化のしくみと症状

裂肛になると排便時に激しい痛みを伴うため、次第に排便を抑えるようになり、便秘になります。

いずれ便秘による太く硬い便を排出しなければならず、その際に再び同じ場所が切れてしまいます。

この繰り返しにより裂肛が慢性化し潰瘍状になることから、肛門が狭くなり、

排便障害を引き起こし、再び便秘になる悪循環が続きます。



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
おしりのしくみ
痔の原因には
おしりのチェック
痔の症状と種類
痔核(いぼ痔)
裂肛(きれ痔)
痔瘻(痔ろう)
痔の薬
痔の薬に含まれる成分
坐薬の使い方
痔には漢方
痔と間違えやすい病気
痔の養生法
痔の食療法
リンクについて
リンク集




痔の種類と症状と養生法 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。