子育て応援団〜育児ガイド〜 

【育児・子育て】あなた自身とお子さんを心から愛し、笑顔が絶えない家庭を築く方法

こどもたちが夢と希望にあふれ、心豊かにたくましく育つことは、いつの時代においても変わることのない私たちの願いです。こどもたちがたくましく成長するためには、乳児期から、親がこどもに惜しみない愛情を注ぎ、語りかけスキンシップをもち、親子のきずなをしっかりはぐくみ、強めることが大切です。さらにこどもは友達と一緒に外で思いっきり遊ぶなど、さまざまな経験をすることによって、人と人とのつながりや社会を作っていく力が磨かれていきます。このサイトがそんな子育てに少しでも役立つことを願います。

サイトマップ TOP >

こどもとむきあって

眠ったり、泣くだけだっ赤ちゃんもあっという間に歩くようになります。



おしゃべりもできるようになります。

こどものこうした成長には、一定の順序があります。

でも、その早さや表れ方は同じではありません。

かなり個人差があります。

その子の個性を大切にし、親がゆったりこどもに関わることが、成長にはとても大事です。

とはいえ、育児の中で、イライラしたり、不安になったりすることもあるでしょう。

そんなときは、決してひとりで悩みを抱え込まないでください。

家族や周りの人に声をかけてください。

そしてこのサイトをのぞいてみてください。


こどもの育つ力を信じましょう

歩き始め、ことばを話すようになり、自己主張も始める1歳6カ月から2歳の頃、こどもは人として生きていくための一歩を踏み出します。

なんでも自分でしたがる反面、甘えや依存心が強い時期でもあります。

自分でしたい気持ちを大切にしながら、甘えも受け止めてあげましょう。

こどもが本来持っている「育つ力」を存分に発揮できるよう。「すごいね!」「がんばってね!」などと褒めてあげたいものです。

家族と楽しく過ごす時間がこどもの生きる意欲を育てます

1歳6カ月から2歳の頃、こどもはマンマ、ブーブーなど意味のある言葉をいくつか話すようになります。

簡単な絵本を楽しめるようになります。

こどもに語りかけ、一緒に楽しい時間を過ごしながら、「○○ちゃんのこと大好きだよ」という気持ちを態度で伝えましょう。

親から「かけがえのない存在」として愛された記憶、家族で楽しく過ごした時間は、こどもの生きる意欲を育てます。

生活習慣を身につけましょう

1歳6カ月から2歳の頃、こどもは食事や睡眠、運動、歯磨き、手洗い、入浴などの基本的な生活習慣を獲得する時期です。

身に付けた健康的な生活習慣は、一生の財産です。

あせらずゆっくり、根気よく、身につけさせましょう。

また、この時期は、何にでも興味を示し、事故や危険な状況も増えてきます。

身の回りにタバコや危ないものは置かないように気をつけましょう。

また、お風呂の浴槽、洗濯機などには、一人で近づかせないことです。



こどもとむきあって
家庭でのしつけ
生活習慣のしつけ
元気な体と心をつくる(こどもの睡眠)
元気な体と心をつくる(こどもの食事)
ことばを育てる
こどもの事故防止
親子で遊ぼう
簡単手作りおもちゃ
絵本で覚えたおしゃべり
こどものうたリンク集
リンク集











































子育て応援団〜育児ガイド〜 All copyrights 2010 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。

こどもと絵本はどうですか?子育て応援団〜育児ガイド〜子育て応援団〜育児ガイド〜3〜4歳編こども救急ガイド赤ちゃん・乳幼児の病気・怪我を知るサイト危険から子供を守る77のヒント学習障害(LD)の子育て法子供を大学へ行かせたい!奨学金のススメ我が子の就活子育てのヒント〜コーチング〜