子育て応援団〜育児ガイド〜 

【育児・子育て】あなた自身とお子さんを心から愛し、笑顔が絶えない家庭を築く方法

こどもたちが夢と希望にあふれ、心豊かにたくましく育つことは、いつの時代においても変わることのない私たちの願いです。こどもたちがたくましく成長するためには、乳児期から、親がこどもに惜しみない愛情を注ぎ、語りかけスキンシップをもち、親子のきずなをしっかりはぐくみ、強めることが大切です。さらにこどもは友達と一緒に外で思いっきり遊ぶなど、さまざまな経験をすることによって、人と人とのつながりや社会を作っていく力が磨かれていきます。このサイトがそんな子育てに少しでも役立つことを願います。

サイトマップ TOP >

こどもの事故防止

こどもの発達や特徴を知り、事故を防ぎましょう

こどもは、大人に比べ、身体のわりに頭が大きく、バランスをくずしやすいので、転倒転落事故が起こりやすい。



こどもは、手に触れたものは、何でも口に入れて確かめようとするので、誤飲窒息による事故が起こりやすい。

こどもは、好奇心が強く、何でも触れたがるので、火傷や刃物によるけがをしやすい。

こどもは危険なことが分からないうえに、大人より視野が狭いので、飛び出しによる交通事故水の事故にあいやすい。

こどもの周りの安全点検

滑り台・遊具 安全確認をしておく、正しい遊び方を教える
川・池・用水路 こどもだけで近づけない
鉄棒・遊具 危険がないようにそばで大人が見守る
コンセント キャップをする
コンロ 熱いものに近付けない
ドア こどもの位置を確認して開閉する
化粧品 こどもの手の届かないところに置く
おもちゃ 直径4cm以下の小さな物は、周りに置かない
玄関 こどもから目を離さない
ビニール袋 被ったりすると危険なので、そばに置かない
テーブルクロス 引っ張ってテーブルの上にあるものを落とすと危険なので使用しない
タバコ こどものいるところでは吸わない
ベランダ 踏み台になる物は置かない
トイレ 使用後はふたを閉める
浴室 使用後は水を抜く、浴室にはカギをかける
アイロン 使用後はしまう
洗濯機 水を入れたままにしておかない
道路飛び出し 日ごろから安全教育をする
交通事故 車の多い場所で遊ばせない


事故が起こってしまったときは

頭を打ったり、打撲したら

直後に大声で泣き、吐いたり、けいれんがなければまず安心です。

2〜3日は、こどもの様子に変わりないか観察しましょう。

こぶができたら、冷たいタオルなどで冷やしましょう。

こんなときはすぐに病院へ
・つねっても泣かずにぼーっとしている
・顔色が悪く、ぐったりしている
ひきつけを起こした
・何回も吐く
・耳や鼻から透明な液や血液が出る
・手足を動かさない、動かし方が変である

異物を飲みこんだら

何をどれくらい飲んだか確認しましょう。

息ができていて、少量で危険性の少ないものを飲みこんでけろっとしている場合は、様子をみておきましょう。

飲みこんだものを、吐かせてはいけないものがあるので、注意しましょう。
こんなときはすぐに病院へ
・飲んだものが多量
・危険なもの(強い酸やアルカリ性の洗剤・漂白剤・灯油など)を飲みこんだとき
・普通と様子が違い、機嫌が悪い

火傷をしたら

とにかく、痛みがなくなるまで十分冷水で冷やす。

小さな水ぶくれも、つぶさないようにしまそほう。

片足、片手以上など体表面積10%以上の火傷は大変危険です。すぐに救急車を呼んでください。
こんな時はすぐに病院へ
・火傷の範囲が広い
・深いやけど
・水ぶくれができたり、皮膚が剥けた火傷
・あんかなどに長時間触れた火傷(低温火傷)

喉に物がつまったら

詰まっているものが明らかに見えるところにある場合は、まず取り除きましょう。

のどの奥に入った場合は、背中をたたく、お腹を圧迫する。

救急車が来るまで人工呼吸心臓マッサージなど心肺蘇生法を続けてください。

もしもの時!!あわてないために

救急車 局番なしの「119番」

あわてずに、内容を正確に伝える。

救急車の呼び方例「救急です。○市○町○丁目○番○号、名前は○○です。こどもが○○です」

中毒110番

タバコなどの誤飲で、中毒の心配があるとき

大阪中毒110番 TEL072-727-2499

つくば中毒110番 TEL029-852-9999

たばこ専用 TEL072-726-9922



こどもとむきあって
家庭でのしつけ
生活習慣のしつけ
元気な体と心をつくる(こどもの睡眠)
元気な体と心をつくる(こどもの食事)
ことばを育てる
こどもの事故防止
親子で遊ぼう
簡単手作りおもちゃ
絵本で覚えたおしゃべり
こどものうたリンク集
リンク集


















































子育て応援団〜育児ガイド〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。