子育て応援団〜育児ガイド〜3〜4歳編 

子どもを丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル「ママと子どものHappy育児法」

子どもたちが夢と希望にあふれ、心豊かに育つことはいつの時代でも変わることのない私たちの願いです。子どもがたくましく成長するには、乳幼児期から親が子どもに惜しみない愛情を注ぎ、語りかけ、スキンシップを持ち、親子のきずなをしっかり育むことが大切です。

サイトマップ

元気な体と心をつくる〜子どもの食事

子どもにとって、毎日規則正しく食事をとることは、身体の発育はもちろんのこと、情緒・精神など、心の成長までも大きく関わってきます。

しかし、遊びながら食べる、好き嫌いがあるなど、食事上の悩みが起きてくるのもこの時期です。

あまり神経質にならず、楽しい食事となるように心がけましょう。


食事の悩みはこして解決

遊びながら食べる

いろいろなことに関心が向き、食事に集中できないのも、このころののひとつの特徴です。

頭から叱りつけるのは避けましょう。

食べてから遊ぼうね、と、きちんと教え、少しでも集中できたら褒めてやることです。

好き嫌いがある

この時期にみられる好き嫌いは、一過性のものが多く、成長するに従い、食べられるようになっていくものです。

無理に食べさせるのではなく、調理法を変えるなどの工夫をしてみましょう。

あまり食べない

生まれつき食の細い子もいます。

順調に発育し、健康であるなら、小食でも問題ありません。

運動不足やおやつ、ジュース(飲み物)の与えすぎが原因のこともあります。

一度生活スタイルを見直してみましょう。

のんびり食べる

遅食いの場合、遊びと食事とを混合していないか、食事の量が多すぎないか、食事に集中できない要素(テレビなど)がないかなどをチェックしてみましょう。


食事のマナーを教えましょう

口にものを入れたまましゃべらない、いただきます、ごちそうさまを言う、ひじをついて食べないなど、少しずつ食事のマナーを身に付けさせましょう。

但し、言い過ぎは禁物です。

おやつはお楽しみタイム

おやつの雰囲気は、子どもにとって食事と違った喜びがあるものです。

休息、気分転換にも役立つので大事にしたいものです。

塩分、糖分の多いものは避け、食事でとれなかった栄養を補うものを選ぶようにしましょう。


お手伝いのすすめ



【育児・子育て】あなた自身とお子さんを心から愛し、笑顔が絶えない家庭を築く方法
子どもと向き合って
家庭でのしつけ
生活習慣のしつけ
元気な体と心をつくる〜子どもの睡眠
元気な体と心をつくる〜子どもの食事
お手伝いのすすめ
子どもの事故防止
子どもの事故防止まわりの安全点検
事故が起こってしまったときは
楽しい遊び
手作りおもちゃ〜ミトン人形
手作りおもちゃ〜魚釣り
わらべうたのリンク集
絵本と一緒に広がる世界
お医者さんが教えてくれない、不妊症を自宅で改善するマニュアル
リンク集
3日で変化が!お気楽に成功する極秘育児術
赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」
進学塾不要!幼児にして大卒を決定づける「有名幼稚園」「有名小学校」受験対策マニュアル

















































子育て応援団〜育児ガイド〜3〜4歳編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。