胃がん術後のケア講座U

PETによるがん健診を知る 


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

PETによるがん健診・検査を説明するサイトです。30代以上の方は是非検討ください。早期発見早期治療ががん治療の基本です。いまやがんはは不治の病ではなくなってきています。

サイトマップ

がんの基礎知識

がんは遺伝子の異常

私たちの身体は60超個もの細胞によって成り立っています。

そしてその細胞1つひとつの核の中にあるDNAに遺伝子情報が書き込まれています。

がんはその遺伝子の異常によって起こる病気です。

多くは生まれた後の環境因子によって遺伝子に傷つくことが原因と考えられています。


がん遺伝子とがん抑制遺伝子

遺伝子の中にはがん遺伝子(細胞の増殖を促す役割)とがん抑制遺伝子(細胞の増殖を止める役割)と呼ばれる遺伝子があります。

これらが作り出すタンパク質によって正常細胞は必要なときに分裂し、必要がなくなると停止するという機能が働きます。

しかし、これらが何らかの要因で正常に機能しなくなると、異常なタンパク質を作り出し無秩序に細胞増殖をはじめがん細胞となります。

実は私たちの体内では絶えず異常な細胞が生まれています。

それらの細胞はがん抑制遺伝子が傷ついた遺伝子を治したり、老化した細胞の死を促したりしてその都度細胞の修復を行ないます。

しかし遺伝子を傷つけることが度重なったり、うまく修復できなかったりした場合にコントロールを失い細胞のがん化が進んでいきます。


がん発生の要因は?

がん発生の要因として、ウイルス発がん性物質放射能紫外線などがあります。

いずれも日常生活に潜んでいるものが多くあり、なかでも食生活とタバコはがんの大きな発生要因となっています。

日常生活を見直し改善することでがんのリスクを大幅に下げることができるのです。

がんが怖いのは浸潤と転移

がんは浸潤、転移という、他の病気にはない悪い性質を持っているために再発したり、死に至る可能性がある病気です。

がんの浸潤

粘膜層に発生したがんは表面にとどまった後、徐々に壁を破壊しながら喰い込むように広がっていきます。

がんの転移

転移の仕方は大きく分けて次の3種類があります。

リンパ行性転移:リンパ節転移したがんがリンパ管を通じて次々と増殖していく転移

血行性転移:がん細胞が毛細血管の中に入り、血液の流れに乗って身体の他の部位に移動し増殖していく転移

播種性転移:臓器の外に顔を出したがんが細胞を撒き散らすために広がってしまう転移

卵巣がん治療名医病院情報
はじめに
がんの基礎知識
PETとは
PETの特徴
PET検査とは
FDGができるまで
PETのすごさ
PETの活用法
PETの得意・不得意
PETがん健診項目表
申し込みから受診まで
がん発見症例
がん発見数と人口動態
PET受診者の声
PET健診費用
PETのしくみQ&A
PETがん健診の特徴Q&A
PET検査時の注意事項Q&A
PETがん健診の活用法Q&A
PET検査の安全性Q&A
がんの治療経験をお持ちでPET検査を受けたい場合Q&A
ガンと闘う家族のために - 家族が癌(がん)だと知らされたら 日本全国ガン難民とは?
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
大腸がん克服大辞典
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜





































癌 ステージ4



PETによるがん健診を知る All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。