胃がん術後のケア講座U

PETによるがん健診を知る 


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

PETによるがん健診・検査を説明するサイトです。30代以上の方は是非検討ください。早期発見早期治療ががん治療の基本です。いまやがんはは不治の病ではなくなってきています。

サイトマップ

PETとは

Positron Emission Tomography(ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)の略語で日本語では陽電子放射断層撮影といいます。

陽電子 (ポジトロン)を放出する放射線核種(ポジトロン核種)で標識した薬剤を注射して細胞の活動状況を画像化する診断技術で、がんの検査方法の1つです。


がん細胞に目印をつける

がんは実際に腫瘍ができたり身体に変化が起きるなどしてがん細胞の成長がある程度進んでからでないと発見されませんでした。

しかし、がん細胞自信が光って自分の位置を知らせてくれればもっと早い段階で見つけることも可能です。

この目印の役割を担うものがPETで検出することができるFDGというお薬です。

FDG(フルオロ・デオキシ・グルコース)はブドウ糖によく似た物質です。

このFDGに放射性物質(18F)を結合させた薬剤を注射すると、ブドウ糖を多く消費する脳、心臓、筋肉などが映し出されます。

がん細胞もブドウ糖をエネルギー源にしていることが多いため、FDGが集まりその存在の有無が診断できるというしくみです。


PETでがんをキャッチするメカニズム

身体を構成している細胞は生きていくためのエネルギー源としてブドウ糖を必要としています。

がん細胞は正常細胞よりも活動性が高いために3〜8倍ものブドウ糖を取り込む性質があります。

このようながん細胞の性質に着目してがんを発見することができるのです。

FDGはプラスの電荷を持った陽電子を放出する性質を持っています。

陽電子は体内にある通常の電子(マイナス)と反応し互いに消滅し180°の2方向にガンマ線を放射します。

このガンマ線をキャッチしFDGが集まっているところ、つまりがんと疑われる部位をPETで特定することができるのです。

卵巣がん治療名医病院情報
はじめに
がんの基礎知識
PETとは
PETの特徴
PET検査とは
FDGができるまで
PETのすごさ
PETの活用法
PETの得意・不得意
PETがん健診項目表
申し込みから受診まで
がん発見症例
がん発見数と人口動態
PET受診者の声
PET健診費用
PETのしくみQ&A
PETがん健診の特徴Q&A
PET検査時の注意事項Q&A
PETがん健診の活用法Q&A
PET検査の安全性Q&A
がんの治療経験をお持ちでPET検査を受けたい場合Q&A
ガンと闘う家族のために - 家族が癌(がん)だと知らされたら 日本全国ガン難民とは?
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
大腸がん克服大辞典
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜
























肺がん 治療



PETによるがん健診を知る All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。