胃がん術後のケア講座U

PETによるがん健診を知る 


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

PETによるがん健診・検査を説明するサイトです。30代以上の方は是非検討ください。早期発見早期治療ががん治療の基本です。いまやがんはは不治の病ではなくなってきています。

サイトマップ

PET検査とは

小さながん(早期がん)が発見できる

CTMRIはある程度の大きさにならないと異常を発見するのが難しいとされています。(一般的に検出できるがんは約1cm以上)

一方PETは細胞の活動レベルを指標に病巣を見分ける検査なので、条件が合えば1cm以下(5mm程度)の小さな初期がんも検出することができます。


短時間で一度に全身を検査することができる

一般的ながん検診は特定の臓器に限定して検査を行います。

他の検査を追加することでそれぞれに時間がかかってしまいます。

PET検査は全身を一度に検査しますので、がんが発見された場合でも周囲の臓器や思わぬ遠い臓器まで転移していないかをみることができます。

腫瘍の良性悪性が鑑別できる

良性・悪性の鑑別はFDG集積の違いから推測します。

一般的に良性の腫瘍はFDGの取り込みが低く、悪性度の高いものほどその集積も高くなっていきます。

身体的苦痛負担が少ない

撮影の1時間前に1度だけFDGを静脈注射します。

その際の注射の痛みはありますが、その後は検査着のまま撮影装置に横になるだけで終わります。

身体に圧力がかかったり器具を挿入したり衣服を脱ぐ必要もありません。


少しでも早い段階でがんをみつける

多くのがんは1cmの大きさになるまでに約10年〜20年かかるといわれています。

このように最初のうちはゆっくりと時間をかけて増殖していきますが、1cm以上の大きさになると増殖のスピードが急激に速くなります。

そのため完治の可能性を高めるにはがんをいかに小さいうちに発見するかが重要になります。

PET検査では、がんの種類によっても限界がありますが1cm以下(5mm程度)のがんも発見される可能性があります。

早期発見・早期治療

がんはなるべく早期の小さいサイズで見つければゆっくりと増殖しつつある状態です。

切らずに治す歩法や内視鏡手術など身体に負担のかからない低侵襲性の治療で治すことが可能になります。

卵巣がん治療名医病院情報
はじめに
がんの基礎知識
PETとは
PETの特徴
PET検査とは
FDGができるまで
PETのすごさ
PETの活用法
PETの得意・不得意
PETがん健診項目表
申し込みから受診まで
がん発見症例
がん発見数と人口動態
PET受診者の声
PET健診費用
PETのしくみQ&A
PETがん健診の特徴Q&A
PET検査時の注意事項Q&A
PETがん健診の活用法Q&A
PET検査の安全性Q&A
がんの治療経験をお持ちでPET検査を受けたい場合Q&A
ガンと闘う家族のために - 家族が癌(がん)だと知らされたら 日本全国ガン難民とは?
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
大腸がん克服大辞典
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

































乳がん 専門医



PETによるがん健診を知る All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。