胃がん術後のケア講座U

PETによるがん健診を知る 


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

PETによるがん健診・検査を説明するサイトです。30代以上の方は是非検討ください。早期発見早期治療ががん治療の基本です。いまやがんはは不治の病ではなくなってきています。

サイトマップ

FDGができるまで

PET検査用の薬剤(18F-FDG)の寿命(半減期)は約110分と極めて短いため、センター内の特別な施設で製造されています。



センターでは適量のPET薬剤を安全に使用できるようサイクロトロンやFDG自動合成装置などを導入し、専任の薬剤師が早朝よりその日に使用する薬剤を製造しています。

18F-FDGの製剤ができるまでには大きく3つの工程があります。


放射性核種(18F)の製造

自己遮蔽型サイクロトロンで水(18O-H20)から放射性核種(18F)を製造します。

サイクロトロン:PET検査(ポジトロン断層撮影法)で使用するポジトロン核種をつくるための装置です。

薬剤(18F-FDG)の合成

鉛で覆われたセル内に設置した自動合成装置で薬剤を合成します。

あらかじめ試薬品をセットした後、18Fを導入し、遠隔操作で薬剤を合成します。

分析機器を用いた薬剤の品質検定

薬剤を合成後、半減期、発熱性物質、pH、放射化学的純度、残留試薬などの検定を行ないます。

全ての検査項目に合格したことを確認してから、薬剤をPET検査に使用します。

卵巣がん治療名医病院情報
はじめに
がんの基礎知識
PETとは
PETの特徴
PET検査とは
FDGができるまで
PETのすごさ
PETの活用法
PETの得意・不得意
PETがん健診項目表
申し込みから受診まで
がん発見症例
がん発見数と人口動態
PET受診者の声
PET健診費用
PETのしくみQ&A
PETがん健診の特徴Q&A
PET検査時の注意事項Q&A
PETがん健診の活用法Q&A
PET検査の安全性Q&A
がんの治療経験をお持ちでPET検査を受けたい場合Q&A
ガンと闘う家族のために - 家族が癌(がん)だと知らされたら 日本全国ガン難民とは?
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
大腸がん克服大辞典
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜









hi ガン



PETによるがん健診を知る All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。