胃がん術後のケア講座U

PETによるがん健診を知る 


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

PETによるがん健診・検査を説明するサイトです。30代以上の方は是非検討ください。早期発見早期治療ががん治療の基本です。いまやがんはは不治の病ではなくなってきています。

サイトマップ

PETのすごさ

PETの歴史

近年、日本で急激に普及してきたPET検査ですが、その開発の歴史は1960年代までさかのぼります。



臨床の場で広く使われるようになったのでは1990年代後半で実にその間30年以上の月日を要しています。

一方、今では馴染み深いCTMRIといった装置も実はPETと同じ時代に研究開発されてきたものです。

しかしそれらに比べてPET装置及び設備や運用に多額の費用がかかるという問題がありました。

諸事情を乗り越えFDG製剤やサイクロトロンの実用化を可能にし、2002年日本ではようやく1部のがんに対し保険診療でのPET検査が認められました。

正に大器晩成型の装置といえるでしょう。


まずはPET

PET研究開発は主に欧米で進められてきました。

そしてそのメリットから有用性が認められて欧米では腫瘍が疑われるとPET first!すなわちまずはPETとして位置付けられています。

PETでまず全身をみて、異常の見つかった部分を精密検査することで身体的、経済的にも負担を減らすことが可能になったわけです。

日本ではがん検診だけでなく早期発見を目的としたがん検診も広く普及しはじめました。

卵巣がん治療名医病院情報
はじめに
がんの基礎知識
PETとは
PETの特徴
PET検査とは
FDGができるまで
PETのすごさ
PETの活用法
PETの得意・不得意
PETがん健診項目表
申し込みから受診まで
がん発見症例
がん発見数と人口動態
PET受診者の声
PET健診費用
PETのしくみQ&A
PETがん健診の特徴Q&A
PET検査時の注意事項Q&A
PETがん健診の活用法Q&A
PET検査の安全性Q&A
がんの治療経験をお持ちでPET検査を受けたい場合Q&A
ガンと闘う家族のために - 家族が癌(がん)だと知らされたら 日本全国ガン難民とは?
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
大腸がん克服大辞典
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜











癌 おすすめ



PETによるがん健診を知る All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。