胃がん術後のケア講座U

PETによるがん健診を知る 


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

PETによるがん健診・検査を説明するサイトです。30代以上の方は是非検討ください。早期発見早期治療ががん治療の基本です。いまやがんはは不治の病ではなくなってきています。

サイトマップ

PETの活用法

PETがん検診を受けて頂きたい方

中高年の方(40歳異常)

男女ともにがんの発生頻度が高まります。


近親者でがんになった方がいるという方

がんによっては遺伝的要素で発がんリスクが高まります。

喫煙される方、及びそのご家族

今は禁煙している方でも、以前吸っていた方にも

ご自分の健康状態に不安をお持ちの方

はっきりとした理由がないのに痩せる、疲れる、痛いなど

がんの治療経験をお持ちでその後の再発や転移が心配な方

定期的にがん再発及び転移のチェックをしましょう。


どのくらいの頻度でPETがん検診を受けた方がいいのか

年齢や危険因子の有無によっても変わりますのではっきりとしたデータはまだ確立されていません。

目安として以下を参照ください。

・上記項目に該当する方は年に1回受診

・上記項目に該当しない方は2〜3年に1回受診

人間ドックPETがん検診を1年おきに交互に受診

など定期的に受診されることをおすすめします。

受診した医療機関の先生やかかりつけの主治医の先生に助言をもらうのもいいでしょう。

卵巣がん治療名医病院情報
はじめに
がんの基礎知識
PETとは
PETの特徴
PET検査とは
FDGができるまで
PETのすごさ
PETの活用法
PETの得意・不得意
PETがん健診項目表
申し込みから受診まで
がん発見症例
がん発見数と人口動態
PET受診者の声
PET健診費用
PETのしくみQ&A
PETがん健診の特徴Q&A
PET検査時の注意事項Q&A
PETがん健診の活用法Q&A
PET検査の安全性Q&A
がんの治療経験をお持ちでPET検査を受けたい場合Q&A
ガンと闘う家族のために - 家族が癌(がん)だと知らされたら 日本全国ガン難民とは?
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
大腸がん克服大辞典
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜






















インターフェロン 癌



PETによるがん健診を知る All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。