胃がん術後のケア講座U

PETによるがん健診を知る 


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

PETによるがん健診・検査を説明するサイトです。30代以上の方は是非検討ください。早期発見早期治療ががん治療の基本です。いまやがんはは不治の病ではなくなってきています。

サイトマップ

PETがん健診項目表

コースはセンターにより様々です。以下は北九州PET健診センターの例です。



検査項目 A-U基本 B-U標準 C-U総合 検査内容 検査により発見可能な疾患
問診・診察 自他覚症状の調査 血糖値確認
結果説明 PET核医学認定による画像診断結果説明
身体計測 身長、体重、肥満度、BMI 肥満
尿検査 糖、蛋白、潜血、ウロ 急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、尿路感染症、糖尿病、肝機能障害
PET検査 陽電子放射断層撮影 肺がん、乳がん、大腸がん、頭頸部がん(咽頭がん、喉頭がん、甲状腺がん、耳下腺がん、舌がん、唾液腺がん、副鼻腔がん、口腔がん、口唇がん、顎下腺がん)、転移性肝がん、原発不明がん、食道がん、子宮がん、卵巣がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫、その他(骨転移、リンパ節転移、GIST)
PET-CT検査
胸部CT検査 コンピュータ断層撮影 肺がん、肺炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺嚢胞、肺結核、胸部大動脈瘤
CT内臓脂肪測定 メタボリックシンドローム
腹部超音波検査 肝臓、胆嚢、腎臓、脾臓、膵臓 肝がん、肝硬変、肝脂肪、胆石、胆嚢ポリープ、腎結石、腎嚢胞、腹部大動脈瘤
血液検査 肝機能 総蛋白、アルブミン、A/G比 肝がん、肝硬変、急性肝炎、慢性肝炎、ネフローゼ症候群、肝臓障害、膠原病、高蛋白血症
GOT、GPT、γ-GTP 肝がん、肝硬変、劇症肝炎、急性肝炎、慢性肝炎、アルコール性肝炎
ALP、LAP、LDH、ChE、ZTT 肝がん、肝硬変、劇症肝炎、急性肝炎、慢性肝炎、心筋梗塞、心不全、悪性貧血
総ビリルビン 肝硬変、急性肝炎、慢性肝炎、甲状腺機能低下症
貧血 赤血球、血色素、ヘマトクリット、MCV、MCH、MCHC 貧血、多血
脂質 総コレステロール、中性脂肪 動脈硬化、糖尿病、脂質異常症、肝硬変、ネフローゼ症候群、膵炎
HDLコレステロール、LDLコレステロール
尿酸 尿酸 痛風、高尿酸血症、低高酸血症、腎機能障害、腎炎、尿毒症
血小板 血小板 肝硬変、白血病
膵機能 アミラーゼ 膵がん、急性膵炎、慢性膵炎、膵嚢胞、耳下腺炎、腹膜炎、腸閉塞、肝硬変、糖尿病
腎機能 尿素窒素、クレアチニン 腎不全、急性腎炎、慢性腎炎、尿毒素、腎盂腎炎、肝不全
糖代謝 空腹時血糖、HbA1c 糖尿病、甲状腺機能亢進症、インスリノーマ、肝硬変、ヘモグロビン異常症、溶血性貧血、腎不全
炎症反応 白血球、血液像、CRP 感染症、炎症疾患、肺炎、白血病、敗血症、膠原病、アレルギー性疾患
RA リウマチ、その他膠原病
腫瘍マーカー AFP、CEA、CA19-9 肝がん、大腸がん、膵がん
PSA(男性) 前立腺がん
CA125(女性) 卵巣がん
肝炎 HBs抗原、HBs抗体、HCV抗体 B型肝炎、C型肝炎
胃の萎縮 ペプシノゲン 胃がん、萎縮性胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ
便潜血検査 ヒトヘモグロビン(2回法) 大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室
料金 84000円 99750円 120750円

卵巣がん治療名医病院情報
はじめに
がんの基礎知識
PETとは
PETの特徴
PET検査とは
FDGができるまで
PETのすごさ
PETの活用法
PETの得意・不得意
PETがん健診項目表
申し込みから受診まで
がん発見症例
がん発見数と人口動態
PET受診者の声
PET健診費用
PETのしくみQ&A
PETがん健診の特徴Q&A
PET検査時の注意事項Q&A
PETがん健診の活用法Q&A
PET検査の安全性Q&A
がんの治療経験をお持ちでPET検査を受けたい場合Q&A
ガンと闘う家族のために - 家族が癌(がん)だと知らされたら 日本全国ガン難民とは?
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
大腸がん克服大辞典
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜





























































膵臓がん 名医



PETによるがん健診を知る All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。