関節リウマチの新しい治療法 

関節リウマチの世界は今、大きな変貌を遂げようとしています。
新しい薬が次々と登場し、治療に対する考え方が変わったことから、
より高い治療目標が達成できるようになってきたのです。
関節リウマチ治療は、現在そして10〜20年先のことを考えて行います。

サイトマップ TOP >

関節リウマチとはどんな病気?

関節リウマチの症状

関節リウマチは、なんらかの原因で身体の免疫に異常が起きて、



自分の身体の成分を異物とみなして攻撃してしまう病気です。

このような病気は「自己免疫疾患」と呼ばれます。



症状は、主に関節にあらわれ、痛みや腫れが左右の関節に対称的に出るのが特徴です。

また、とくに朝起きた時に関節が動かしにくい「朝のこわばり」を感じる患者さんも多くいます。

関節リウマチの症状は、このように関節に出るばかりではありません。

炎症が続くと、だる、微熱が続く、疲労感といった、身体全体の症状にもつながってしまいます。



関節リウマチの治療目標とは?
関節リウマチとはどんな病気?
関節リウマチにおける関節の変化
関節リウマチと深い関わりのあるTNF
抗TNF療法の薬「エンブレル」
エンブレルの効果
エンブレルの安全性
エンブレル治療を受ける前に確認すること
エンブレル治療にかかる費用
関節リウマチ患者さんのための社会保障について
治療のリスクとベネフィットについて
リンクについて
リンク集
























関節リウマチの新しい治療法 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。