住宅ローン「マイホーム計画」

楽天の住宅ローンで分譲マンションを買った体験談 


住宅ローンレスキュー991

この度、楽天の住宅ローン(フラット35)で分譲マンションを買いました。初めてで大きな買物です。手続きや書類にローン審査、不動産登記などわからないことだらけですよね。でも、ちょっとだけでも予習しておくと結構、余裕が生まれますよ

サイトマップ

住居は賃貸か購入か?

将来に渡って、住むところは、賃貸持ち家か?

悩むところです。(持ち家を一括で買えるお金がある人は買った方がいいですよ)



まず、支払うお金で考えると、現在30歳で70歳まで生きた場合、

例えば、

賃貸では7万円/月(私の地元の物価で考えてます)で、7万円×40年×12ヶ月=3360万円

購入では、3360万円の総支払額になるには、約2000万円のマンションが買えることになります。
(全額住宅ローンとし、固定金利3%35年払いでボーナス払いなし、諸費用100万円で計算、共益費・修繕費などは含まず)

この計算では、月々の支払は約77000円となりますが、35年支払ですので、賃貸と比較すると支払期間は短いことになります。(もっと長く生きると賃貸は払い続ける必要があります)

ローン支払計算フォームはこちら



次に、賃貸/持ち家の主なメリット・デメリットを考えると、

賃貸は、

メリット:住み替えが簡単にできる、住宅ローンに縛られない、家に問題があっても対処が楽

デメリット:賃貸料を払い続ける、年をとって引っ越そうとすると貸してくれない可能性がある、借り物なので勝手に改装できない

持ち家は、

メリット:持ち家なので改装できる、住宅ローンを払い終われば支払が激減するので年をとっても安心、財産ができる

デメリット:住宅ローンと家に縛られ簡単に住み替えできない、家に問題があると大変、固定資産税がかかる

と、こんなところでしょうか。

どちらも甲乙つけがたいですが、結局、将来を考えた判断になると思います。

同じ場所に住み続けるつもりの方は、持ち家の方がいいんでしょう。


私の場合

子供の環境や、支払金額を考え甲乙つけがたいなら持ち家の方が、財産ができ、自分の家ができる方がよいということで、持ち家を選択しました。将来も安心ですし。

また、私の場合、こう考えました。
デメリットの中で、自分で解決または相殺していけるのはどれか?

年齢

また、考える年齢にもよるのでしょうが、普通のサラリーマンなら30代前半が決め時かと思います。

もし、それ以降に住宅ローンを組むとなると、年収次第ですが、返済の不安が非常に大きくなるのではないでしょうか?

収入の面でも、30代にもなると、そろそろ人生設計が立てれる状態になっているのではないしょうか?


まぁ賃貸を選択しても、将来は市営住宅などに住むって考えてるなら、それはそれでいいんじゃないかと思いますよ。(30年後になくなりはしないだろうけど、老人人口が増える分、競争率は高くなりそうですけどね)


お次はこちらのテーマ → 住むならマンションか一戸建てか?

住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法
楽天の住宅ローンで分譲マンションを買った体験談
マンションを選ぶ
住居は賃貸か購入か?
住むならマンションか一戸建てか?
マンションの選定条件は?その1
マンションの選定条件は?その2
マンションを値切る!
新規マンション情報をいち早く入手する
住宅ローンを選ぶ
ローンの変動金利と固定金利
フラット35とは、フラット35Sとは?
住宅ローンの手数料・保証料など諸経費
団体信用生命保険とは?
住宅ローンの返済期間を考える
住宅ローンには頭金はいくら準備すればいい?
ローンのボーナス払いはお得?
住宅ローン返済シュミレーション
楽天モーゲージ(フラット35)のすすめ
住宅ローンを申し込む
住宅ローン申し込みに必要な書類
住宅ローン審査のコツ
住宅ローンを申し込む時期
鍵の引渡しと引越し
マンション購入後の費用と返済
住宅取得に関する優遇税制
不動産価値にかかる固定資産税
住宅ローンの繰上げ返済
楽天住宅ローンBBS
リンクについて
リンク集(住宅情報関連)
リンク集(住宅ローン関連)
リンク集(その他)
超簡単ホームページ作成DVD講座
ザ・レボリューション! 人生に奇跡を起こす『究極の方程式』




























【ついに不動産業界外流出!】一戸建・マンション購入、住宅ローンで500〜1000万円安くなる裏技集!主婦も簡単に実行できる分かり易い全100ページの完全バイブル!【無料メールサポート付き!】




楽天の住宅ローンで分譲マンションを買った体験談 All copyrights 2007 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。