住宅ローン「マイホーム計画」

楽天の住宅ローンで分譲マンションを買った体験談 


住宅ローンレスキュー991

この度、楽天の住宅ローン(フラット35)で分譲マンションを買いました。初めてで大きな買物です。手続きや書類にローン審査、不動産登記などわからないことだらけですよね。でも、ちょっとだけでも予習しておくと結構、余裕が生まれますよ

サイトマップ

住宅ローン審査のコツ

住宅ローンの審査について、通りやすくなるポイントをまとめました。(左が有利・右が不利)


勤務先:公務員/大企業 > 中小企業 > 自営業/アルバイト

自営業は、要注意。

健康保険:共済/組合保険 > 社会保険 > 国民健康保険

ここはどうしようもありません。

年収:400万円以上>200万円以上>それ以下

ラインは、融資金額によってかわります。所得証明2年分を請求されます。

勤続年数:5年以上 > 1年以上 > 6ヶ月以上

勤務先へ在籍・勤続年数確認の電話がかかることがあります。

家族構成:家族同居(独身)/家族同居(既婚・子供無) > 家族同居(既婚・子供有)/独り暮し(既婚・子供無) > 独り暮し(独身)

独身で独り暮しの人は、不利です。家族同居にしときましょう。住民票を移す必要はありません。

連絡先:自宅固定電話+携帯 > 自宅固定電話のみ > 携帯電話のみ(携帯電話のみの場合は別途現住居について確認あり。これが確認できないと申込み不可)

加入権レンタルの電話でもいいので融資完了までは固定電話をつけましょう。

【条件の見方:有利 > 不利 という具合に不等式の左側が有利な条件となります】


融資担当から電話確認

住宅ローンの審査期間中(申込み〜融資)は、とにかく誠実に対応して「私は信用できる人間です」というこをアピールしましょう。

担当者からの質問には、申込みの内容通りに答えましょう。ウソは絶対だめです。確実にばれます。

自分がブラックリストに載ってないか?

何度やっても審査に落とされる理由が見つからない、おかしいと思う人は、これを疑ってみましょう。心あたりがあればなおさらです。

これは自分で調べられますので確認してみましょう。

ちなみに、ブラックリストは別名事故情報ともいいます。

審査に落ちたら

ローンの審査に落ちたら、出来る限り、担当者に落ちた理由を聞きましょう

ここにある項目で「これが駄目なのかな?」というものを具体的に聞いてみましょう。

例えば「勤続年数短いでしょうか?で、どのくらいになればいいですか?」とか「借入件数が多いですか?何社くらいになればいいですか?」などです。

聞き出せればこっちのもの!その住宅ローンの審査に通るには、後はそれを対処すればいいのです。

合否判断レベルは各社まちまちですが、ローン(フリーローン)の審査内容は大きくは変わりませんので、違うところに申し込むにしても参考になることでしょう。

尚、最低6ヶ月は再度申し込んでも駄目です

審査に通ったら

普通は、その後の手続きなどについて、担当者から電話がかかってくるので、まずはお礼をいいましょう。少なくとも融資されるまでは誠実な人間ですということをアピールしてください。

住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法
楽天の住宅ローンで分譲マンションを買った体験談
マンションを選ぶ
住居は賃貸か購入か?
住むならマンションか一戸建てか?
マンションの選定条件は?その1
マンションの選定条件は?その2
マンションを値切る!
新規マンション情報をいち早く入手する
住宅ローンを選ぶ
ローンの変動金利と固定金利
フラット35とは、フラット35Sとは?
住宅ローンの手数料・保証料など諸経費
団体信用生命保険とは?
住宅ローンの返済期間を考える
住宅ローンには頭金はいくら準備すればいい?
ローンのボーナス払いはお得?
住宅ローン返済シュミレーション
楽天モーゲージ(フラット35)のすすめ
住宅ローンを申し込む
住宅ローン申し込みに必要な書類
住宅ローン審査のコツ
住宅ローンを申し込む時期
鍵の引渡しと引越し
マンション購入後の費用と返済
住宅取得に関する優遇税制
不動産価値にかかる固定資産税
住宅ローンの繰上げ返済
楽天住宅ローンBBS
リンクについて
リンク集(住宅情報関連)
リンク集(住宅ローン関連)
リンク集(その他)
超簡単ホームページ作成DVD講座
ザ・レボリューション! 人生に奇跡を起こす『究極の方程式』


























【ついに不動産業界外流出!】一戸建・マンション購入、住宅ローンで500〜1000万円安くなる裏技集!主婦も簡単に実行できる分かり易い全100ページの完全バイブル!【無料メールサポート付き!】




楽天の住宅ローンで分譲マンションを買った体験談 All copyrights 2007 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。