いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

関節リウマチガイド〜関節リウマチを知る〜 

昔は、関節リウマチといえば「寝たきり」を連想した時代もありましたが、今は手術が発達して、最悪の場合でも自立できる状態に戻せるようになっています。
早く治療を始めれば、関節の機能を保ち、病気の進行を抑えることができます。

サイトマップ TOP >

関節リウマチの経過

関節リウマチの経過は人により異なりますが、患者さんの約70%は軽症のまま経過します。



この場合は、関節の破壊の進行が比較的ゆっくりで、手や足の指などの小さな関節はいろいろな変形や障害を受けますが、膝や股関節などの大きな関節では、ほとんど進行がみられません。

つまり。このグループの患者さんの多くはそれほど大きな機能障害が起こらないので、関節リウマチのために手術することはないと思います。

家庭でも職場でも、手術を考えなくても自立した日常生活を送ることができます。

それまでに起きた変形を残しながら、炎症も次第に治まっていきます。



残りの30%の患者さんには、長年にわたって徐々に進行して、全身の関節が破壊されていくケースと、急速に進行して多くの関節が破壊されるケースがあります。

このような場合には、通常、抗リウマチ薬は効果が少なく、関節破壊を止め得ないことがよく起きます。

また、関節が壊れて痛いときは、痛み止めで抑えられる程度を超えて抑えようとすると、胃潰瘍などの副作用が起きることがあります。

このような場合には、適切なタイミングで関節の手術をして痛みを和らげ、歩いたり、手を使ったりする機能を保っておくことが大切です。

いずれにしても関節リウマチをできるだけ早く発見して、早くから治療を始めることが重症化を抑え、運動機能を保つ上で非常に重要です。



関節リウマチとは
関節リウマチの経過
関節リウマチの方の生活
関節リウマチと検査
関節リウマチの新しい検査指標:DAS
関節リウマチの方の生活の注意点
関節リウマチの治療の概要
関節リウマチの薬物療法
関節リウマチの手術療法
関節リウマチのリハビリテーション
関節リウマチの先端医療
関節リウマチの方の社会保障の利用
リンク集

























関節リウマチガイド All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。