いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

関節リウマチガイド〜関節リウマチを知る〜 

昔は、関節リウマチといえば「寝たきり」を連想した時代もありましたが、今は手術が発達して、最悪の場合でも自立できる状態に戻せるようになっています。
早く治療を始めれば、関節の機能を保ち、病気の進行を抑えることができます。

サイトマップ TOP >

関節リウマチの新しい検査指標:DAS

関節リウマチの症状の強さを調べるために、医師による関節の評価、患者さんの自己評価、血液検査の結果を組み合わせた総合的な指標が最近良く使われるようになってきました。



DAS(Disease Activity Score:ダス)といわれるものです。

DASの数値によって、関節リウマチの症状がどれくらい強いのかを具体的かつ客観的に知ることができます。

DASは日々変動しますが、症状が落ち着いているほどDASの数値は小さくなります。

また、症状の強さのほか、治療前後のDASの数値を比較することで治療効果もみることができます。


DASの測定手順

@医師が関節の評価をします

手、肘、肩などの関節を触診します。

・圧痛関節数:おさえたときに痛みのある関節数
・腫脹関節数:腫れている関節数

A患者さんが全身の状態を自己評価します(全般評価)

VASを使って、ご自身の体調がどれくらいか評価します。

VAS(Visual analog scale):100mmのスケール上で、0を体調が大変良い(症状なし)、100を体調が非常に悪いとした場合、どのあたりになるか患者さんに示してもらうものです。

B血液検査をします(赤沈またはCRP)

血液を採って、赤沈またはCRPで炎症の程度を測ります。

・赤沈(血沈):赤沈は赤血球沈降速度の略で、炎症の程度とよく相関します。
・CRP:CRPが陽性のときは、全身性の炎症が存在することを意味します。赤沈と同じく、炎症の程度とよく相関します。


@ABの結果をもとに、医師が計算してDASを求めます。



関節リウマチとは
関節リウマチの経過
関節リウマチの方の生活
関節リウマチと検査
関節リウマチの新しい検査指標:DAS
関節リウマチの方の生活の注意点
関節リウマチの治療の概要
関節リウマチの薬物療法
関節リウマチの手術療法
関節リウマチのリハビリテーション
関節リウマチの先端医療
関節リウマチの方の社会保障の利用
リンク集






























関節リウマチガイド All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。