いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

関節リウマチガイド〜関節リウマチを知る〜 

昔は、関節リウマチといえば「寝たきり」を連想した時代もありましたが、今は手術が発達して、最悪の場合でも自立できる状態に戻せるようになっています。
早く治療を始めれば、関節の機能を保ち、病気の進行を抑えることができます。

サイトマップ TOP >

関節リウマチの治療の概要

関節リウマチというと、将来的には「寝たきり」というイメージをもたれた時代もありました。



しかし、最近では、よい薬が増え、薬の使い方も上手になりました。

新しい薬のための治験も積極的に行われています。

また、手術の技術も進歩しています。

したがって、関節リウマチの患者さんでも旅行で世界中を飛び回られている方もいますし、重症でも歩いて通院される方もいます。

関節リウマチの治療の基本は、病気の進行を抑えることと、痛みをとることです。

痛みというのは関節リウマチの場合、@炎症による痛み、A増殖した滑膜による痛み、B関節が破壊された痛みの3種類があります。

それぞれの痛みに合わせて、薬物療法手術療法リハビリテーションを用いた治療が行われます。


治験とは

関節リウマチのしくみは徐々に解明されつつあります。

それに伴い、新しい薬も次々と開発されています。

新しい薬を開発する場合は、本当に効くのか、重大な副作用はないか、ということについてまず試験管内や動物で調べます。

しかし、動物で効果があったとしても、どうしても実際の患者さんでどのような効き方をするのかを確かめる必要があります。

一般に薬の効果や安全性などを健康な人や患者さんで調べることを「臨床試験」と呼んでいます。

一方新しい薬が私たちの手元に届く前には、必ず国(厚生労働省)による承認が必要となります。

その承認をとるために行われる臨床試験をとくに「治験」と呼んでいます。

最近、治験の参加者募集広告などを見かける機会が増えてきました。

日本ではまだまだ治験に参加する患者さんの数は多くありませんが、せっかく良い薬があっても治験が進まなければ承認が遅れてしまいます。

現在では治験をきちんと進めるためのルール(GCP)が作られ、これにより医師、患者さんとも治験に取り組む姿勢が整いつつあります。

是非、積極的に参加してください。



関節リウマチとは
関節リウマチの経過
関節リウマチの方の生活
関節リウマチと検査
関節リウマチの新しい検査指標:DAS
関節リウマチの方の生活の注意点
関節リウマチの治療の概要
関節リウマチの薬物療法
関節リウマチの手術療法
関節リウマチのリハビリテーション
関節リウマチの先端医療
関節リウマチの方の社会保障の利用
リンク集





































関節リウマチガイド All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。