いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

関節リウマチガイド〜関節リウマチを知る〜 

昔は、関節リウマチといえば「寝たきり」を連想した時代もありましたが、今は手術が発達して、最悪の場合でも自立できる状態に戻せるようになっています。
早く治療を始めれば、関節の機能を保ち、病気の進行を抑えることができます。

サイトマップ TOP >

関節リウマチの手術療法

手術療法の考え方

手術療法は、適切な薬物療法リハビリテーションを行っても痛みが減らない場合や、関節障害のために歩行が困難など日常生活に支障が出る場合などに行います。



最近では手術の技術も進歩しており、優れた人工関節も開発されています。

10年ほど前までは「人工関節は60歳を超えてから」といっていましたが、現在では、「若い今、自由に動けて楽しく充実した人生を送れたほうがいいのでは」と若い患者さんにも勧められるようになってきました。

どの年代の方でも、基本的な考え方は「手術でより幸せな生活を取り戻そう」ということです。


さまざまな手術療法

滑膜切除術

炎症を起こして腫れた滑膜は、痛みの原因になります。

滑膜切除術は、この痛みの原因となる滑膜を取り除くことで症状を改善する手術です。

術後は明らかに腫れや痛みが改善するので、薬の量を減らすこともできます。

機能再建手術:脚の再建

病気が進行して、関節が破壊されてしまった場合には、関節を人口関節に入れ替える「機能再建手術」が行われます。

人工股関節は15年以上、人口膝関節は20年以上安定した状態を保ちます。

人口関節はどの関節にも対応するものがありますので、最近では肩、肘、手首などの上肢にも機能再建手術が行われています。

機能再建手術:手の再建

以前は手の手術はあまり行われていませんでした。

手が少しくらい不自由でも大きな問題はないと考えられてきたからです。

しかし、そのまま放置しておくと全く手が使えなくなり、自分で食事ができなくなることもあります。

手遅れになる前に、手術を受けることが必要です。

主治医と良く相談してください。



関節リウマチとは
関節リウマチの経過
関節リウマチの方の生活
関節リウマチと検査
関節リウマチの新しい検査指標:DAS
関節リウマチの方の生活の注意点
関節リウマチの治療の概要
関節リウマチの薬物療法
関節リウマチの手術療法
関節リウマチのリハビリテーション
関節リウマチの先端医療
関節リウマチの方の社会保障の利用
リンク集






































関節リウマチガイド All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。