あっちずさいと緑内障ってどんな病気? 

緑内障は、なんらかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇が病因の1つと言われています。

サイトマップ TOP >

緑内障の症状

一般的に緑内障では、自覚症状はほとんどなく、

知らないうちに病気が進行していることが多くあります。

視神経の障害はゆっくりとおこし、視野(見える範囲)が少しずつ狭くなっていくため、

目に異常を感じることはありません。

急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛吐き気など激しい症状をおこします。

時間が経つほど治りにくくなるので、

このような急性閉塞隅角緑内障の発作がおきた場合はすぐに治療を行い、

眼圧を下げる必要があります。


早期発見・早期治療

多くの場合、自覚症状がない緑内障に対して、

最も重要なことは早期発見、早期治療です。

一度障害された視神経をもとにもどす方法はなく、

病気の進行を食い止めることが目標となります。

したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。



14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"
緑内障とは
緑内障の種類
緑内障の症状
緑内障の検査
緑内障の治療
日常生活で気をつけること
大切な目を守るために
いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
リンクについて
リンク集
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜
意外な視力回復法を発見! 眼精疲労がとれ、視力も蘇る
いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ




緑内障ってどんな病気? All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。