サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

アスリートの貧血や立ちくらみ

アスリートの貧血や立ちくらみ

アスリートの貧血や立ちくらみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツやトレーニングをする人の多くが、立ちくらみや目眩の症状を感じており、スポーツ貧血または運動性貧血といわれています。

中でも、鉄摂取不足によって、酸素を運搬する赤血球の原料となるヘモグロビンの合成能力が低下することが原因で生じる鉄欠乏性貧血はもっとも多く観察されており、目眩や立ちくらみだけでなく、頭痛、腹痛、慢性疲労を伴います。

スポーツ貧血は女性に多く、競技では持久系に多いといわれています。

また、急激な減量を行った場合には、鉄欠乏状態になりやすいため注意が必要です。

食品中の鉄には、肉類、魚介類、レバーなどの動物性食品に多く含まれるヘム鉄と、野菜や穀類、豆類、種実類などに含まれる非ヘム鉄がありますが、非ヘム鉄の吸収率がわずか数%なのに対し、ヘム鉄は20~30%と高いため、鉄補給は動物性食品から行うことが効果的です。

なお、血液検査で貧血と診断された場合、大半は鉄を補給することで改善されます。

貧血の他にも、目眩や立ちくらみの原因として、運動後低血圧が考えられます。

私たちのカラダは、トレーニング中は血管を広げるホルモン物質が分泌され、これによって末梢血管が広げられ、カラダの隅々にまで血液が行き渡ります。

そのため、全身の血液循環がよくなり、運動後しばらくたってから血圧を測定すると運動前よりも下がる場合がしばしば見られます。

これを運動後低血圧といいますが、血圧を調整する機構が十分に働かないと症状が重くなる場合があり、その傾向は高齢者やオーバートレーニング時によく見られるようです。

このような症状になった場合は、横になったり休んだりして、体調が回復するのを待ちます。

また、トレーニング中には息を止めず、ゆっくりと呼吸をすることも予防のためには重要です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です