サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

アメリカはサプリメント先進国

アメリカはサプリメント先進国

アメリカはサプリメント先進国

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカではサプリメント先進国といわれていますが、サプリメントが普及している原因は、日本の様な医療保険制度が確立していないアメリカでは「お金のない人は病院に行けない」という経済事情によるところが大きいといわれています。

そこで、アメリカでは、「病院に行かずにすませたい」という風潮から、70年代からサプリメントを専門に扱う「ビタミンショップ」が示次々に登場しました。

やがて、サプリメントはスーパーマーケットでも扱われるようになり、大量に出回ることで価格も下がり、アメリカ人の生活の必需品となりました。

1994年にはダイエタリーサプリメント教育法(DSHEA)が制定されて、ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸などについて、科学的根拠に基づいていればFDAへの通知だけで人体の構造と機能に関する効果を表示できるようになりました。

しかし、表現に行き過ぎる傾向がみられるようになったため、2000年1月には、FDAにより表現に関しての細則が公表され、疾病を「治療する」「予防する」などの表現が使えなくなりましたが、「心臓血管系の機能と健康な循環器系を維持するために役立つ」といった、「疾病改善の役に立つ」という表現が認められました。

その一方で、健康を害する恐れのあるサプリメントに関しては厳しく取り締まるようになりました。

なかでも、エフェドラの流通禁止は広く知られています。エフェドラとは、マオウという植物に多く含まれる食欲を減退させる効果がある物質です。

マオウは日本では医薬品成分に該当するため、サプリメントには使用できませんが、アメリカでは多くのサプリメントに配合されていました。

しかし、副作用として肝硬変を起こす被害が相次ぎ、FDAではエフェドラを使用した製品を使って健康被害にあった場合の治療を保険適用外とし、市場への流通禁止措置を行いました。

また、FDAは2004年3月11日に、アンドロステンジオンなどのプロホルモンを製造する23の業者に対し警告を発し、製造中止を指示しました。

そして、この条件を受けない業者を逮捕し、刑事訴訟を行い、さらには、2004年6月4日、アメリカの議会はこれらの製品を製造、販売、所有、使用することを不法とする法案を可決しました。

プロホルモンは、科学的に合成されたホルモンで、トーピング禁止薬物に指定されている成分です。

なお、プロホルモンは、日本では人体に影響を及ぼす恐れがあることから医薬品扱いとなっており、サプリメントして販売することはできません。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です