サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

アレルギー体質の人はサプリメントの原料に注意が必要

アレルギー体質の人はサプリメントの原料に注意が必要

アレルギー体質の人はサプリメントの原料に注意が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

食品であるサプリメントは、使用している素材によっては、通常の食事同様にアレルギー反応の原因となる場合があります。

大豆や乳などのアレルギーの原因となる主な原料は、パッケージ裏面に表示する規則になっているので、購入時に確認するとよいでしょう。

一方、アレルギーの原因物質はさまざまなので、すべてが表示されているわけではありません。

また、普段はアレルギーの症状が出なくても、体調や疲労により反応してしまう場合もあります。

そこで、もしもアレルギーの症状が現れた場合は、原因として考えられるものをすべて中止して、そこからひとつひとつ確認したほうがよいでしょう。

また、原因はサプリメントだけとは限らないので、その日の食事の内容や体調なども含めて検討する必要もあります。

 サプリメントに配合されている化学合成物は安全性が高い

プロテインの主な原料は乳や大豆などの天然素材ですが、そこに配合されているビタミンなどには化学合成物が多く使われています。

また、カルニチンやクレアチンなどのアミノ酸の多くが化学合成品です。

化学合成品の起源物質は天然に存在する石油です。

しかし、石油は、生物の死骸などが温度と圧力によって変化した鉱物油に分類されるため、分類上は天然物ではありません。

また、サプリメントを製造する際に、原料として石油を使っているわけではなく、石油から化学合成された物質を起源にしているのです。

化学合成に石油を使うのは、石油は炭素と水素のみでできているので化学合成しやすく、また、純品への精製が容易だからです。

天然植物抽出物は、どうしても第一段階で不純物が混入します。

その不純物がアルカロイドなどの天然由来や、農薬由来の毒素である可能性があるので、その後の精製には費用がかかり価格も高くなってしまいます。

そこで、サプリメントには石油から化学合成された物質を使っていますが、純品に精製しやすく不純物が混ざらない点において安全性が高いといえるでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です