サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

クエン酸の効果

クエン酸の効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

クエン酸はレモン果汁や梅干の酸味の素となっている成分で、有機酸と呼ばれる素材です。

多くの飲料に清涼感を出すために添加されていますが、トレーニングの分野でも注目されています。

クエン酸はエネルギー代謝の中心的な中間代謝物で、トレーニングで筋肉内のクエン酸合成酵素活性が上昇すると、連動してクエン酸濃度も上昇します。

そこで、トレーニング中や直後にクエン酸を摂取すると、運動パフォーマンス向上、疲労物質除去、グリコーゲン合成の促進が期待できます。

研究結果では、数分間の短時間運動の前にクエン酸を摂取すると、血液のPHの低下を抑制する作用などで、パフォーマンスの改善が報告されています。

また、ラットに持久的運度で肝臓と筋肉のグリコーゲンを低下させた後で、クエン酸とグルコースを併用投与すると、グルコースを単独で投与した場合よりも両組織のグリコーゲンの合成が促進されることが確認されています。

クエン酸の摂取は、人の持久系トレーニング後の代謝にも効果的であることが明らかになっています。

血液中乳酸濃度は、疲労困憊になるほどの負荷の運動でにより上昇し、運動後に徐々に低下しますが、グルコースを単独で摂取した場合より、グルコースとクエン酸を摂取した場合のほうが、クエン酸により筋肉中の乳酸が代謝される状況がつくられるため、その低下が早いことも確認されています。

一方、クエン酸には抗疲労効果も期待されています。日常生活で疲労を感じている健常者に、クエン酸を含む飲料を摂取させ、ATMTと呼ばれる精神作業効率を客観的に測定する装置を使用して疲労感検査を行った結果、疲労感軽減傾向が確認されています。

 トレーニングにおけるクエン酸の摂取方法

クエン酸は食品なので、水分補給としてドリンクにして摂取するとよいでしょう。

一方、長時間のトレーニングや試合中には効果的な摂取方法があります。

まず、最初は、糖質入りのスポーツドリンクを中心に摂取し、水分補給とエネルギー補給を行います。

体液よりも浸透圧の低いハイポトニック飲料だと、おなかに溜まりにくく、さらに効果的です。

そして、トレーニングを続けて体内に乳酸が溜まり始めたら、スポーツドリンクからクエン酸ドリンクへ変えます。

トレーニングを続けると、エネルギーは乳酸に変わっていくため、そのタイミングから乳酸の元になる糖質より、乳酸を除去するクエン酸を摂取するほうがパフォーマンスが上がりやすいからです。

クエン酸が乳酸を除去するメカニズムは、グルコース分解の調節酵素であり、乳酸生産に強く作用するピルピン酸脱水酵素(PDH)の活性化と関係があると考えられています。

クエン酸を摂取すると、マロニールCoAが生成され、カルニチン-パルミトイルトランスフェラーゼI(CPT I)が阻害され、脂肪酸をミトコンドリアが取り込めなくなるので、PDHが活性化されます。

その結果、乳酸はピルビン酸を経由してクエン酸回路に入りやすくなります。

さらに、クエン酸が解糖系のホスホフルクトキナーゼを阻害し、グルコースからの乳酸生成を低下させます。

この2つの作用が、クエン酸摂取が乳酸除去を促進するといわれています。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です