サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

コラーゲンの働き

コラーゲンの働き

コラーゲンの働き

このエントリーをはてなブックマークに追加

コラーゲンはタンパク質の一種で、カラダの中に非常に多く含まれており、皮膚の水分を除いた重量の約70%はコラーゲンが占めています。

そこで、最近では、コラーゲン=美容・肌ケアといったイメージが定着しています。

一方、骨や関節を構成するたんぱく質の大部分がコラーゲンです。

コラーゲンを構成するアミノ酸はグリシンが約33%、プロリンが約13%、アラニンが約11%、ヒドロキシプロリンが約9%となっており、この4種類のアミノ酸が構成アミノ酸の3分の2を占めており、メチオニン、リジン、イソロイシン、バリン、グルタミン、アルギニン、システイン、ヒスチジンなどの他のアミノ酸は、それぞれ1%未満しか含まれていません。

また、必須アミノ酸であるトリプトファンはまったく含まれていません。

そのため、アミノ酸スコアはゼロで、栄養価的には乏しいタンパク質構成です。

このように、タンパク質は種類によってその栄養価が異なるので、筋肉をつけたいならホエイなどのタンパク質が、関節や肌のためにはコラーゲンが向いているといえるでしょう。

しかし、コラーゲン(ペプチド)を経口摂取した場合の生体調節機能として、関節炎や慢性関節リュウマチに対しての消炎作用、低カルシウム食状況下で骨コラーゲン構造を強固にして骨強度を高める効果、血圧上昇抑制効果、そして、皮膚コラーゲン代謝促進作用などが報告されています。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です