サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

サプリメントは食品なので子供が飲んでも大丈夫

サプリメントは食品なので子供が飲んでも大丈夫

サプリメントは食品なので子供が飲んでも大丈夫

このエントリーをはてなブックマークに追加

サプリメントは食品なので、薬のように、子供が飲んではいけないという規定も、大人・子供それぞれの飲んでよい分量の規定もありません。

しかし、大人と子どもとでは体格が違うので、摂取量に関して調整をする必要があるでしょう。

たとえば、プロテインはタンパク質を精製して取り出したものなので、子供が飲んでも問題ありませんが、子供は大人よりも筋肉量が少なく、内臓の成長過程にあるので、一般的にはパッケージに記載されている量の半分から3分の1くらいの量を目安にするとよいでしょう。

また、アミノ酸を小学生が単独で摂取する必要はないので、スポーツドリンクに含まれている程度の量を摂取すればよいでしょう。

パーブ系やカフェインなどは、カラダの成長が完成する18歳くらいまでは必要ないでしょう。

中にはジュニア用プロテインもありますが、特別な素材を使っているのではなく、子供が飲みやすいフレーバーになっていたり、プロテインの素材に大豆を使ったり、エネルギー源となるデキストリンなどのプロテイン以外の糖質を配合したり、ビタミンミネラルの配合量を通常の製品より少なめにしたりしている場合がほとんどです。

一番重要なことは、子供が、プロテインを飲んでいるから食事はちゃんと食べなくてもよいと考えたり、食事を軽視しないように注意することではないでしょうか。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です