サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

タンパク質とアミノ酸の違い

タンパク質とアミノ酸の違い

タンパク質とアミノ酸の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

アミノ酸はタンパク質を構成する最小単位の物質。

タンパク質はアミノ酸がつながってつくられ、タンパク質が分解されるとアミノ酸になります。

プロテインも最終的にはアミノ酸の形でカラダに吸収され、体内で利用されます。

一方、アミノ酸は約500種類ありますが、タンパク質を構成しているものはわずか20種類しかありません。

アミノ酸の中にはタンパク質を構成するだけでなく、単独での特徴を持っているものもあります。

アルギニンは血管を拡張させ、リジンは成長ホルモンの分泌を促進させます。

20種のアミノ酸以外でも、クレアチンは瞬発力を向上させ、L-カルニチンは脂肪燃焼に関与します。タ

ンパク質を構成する20種類のアミノ酸の中の9種類な体内で合成できないことから、特に重要な必須アミノ酸と呼ばれています。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です