サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

ハイドロキシクエン酸(HCA)

ハイドロキシクエン酸(HCA)

ハイドロキシクエン酸(HCA)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットに効果を発揮するといわれているハイドロキシクエン酸(HCA)は、ガルシニア・カンボジアという果実の皮に含まれており、インドや東南アジアではスパイスとして使用されています。

HCAには、食事から摂取した余分な糖質を脂肪として蓄積しにくくする働きがあり、また、体脂肪の燃焼を促進する効果も確認されています。

脂肪はグリセリンと脂肪酸に分解され、脂肪酸は細胞の中に入り、ミトコンドリアと呼ばれるエネルギー生産工場に取り込まれます。

ミトコンドリアに入った脂肪酸は、アセチルCoAという物質に変わり、TCAサイクルと呼ばれるエネルギーをどんどん生み出すクエン酸回路に入ります。

TCAサイクルの中で、アセチルCoAはクエン酸に変化し、ATPを合成してエネルギーとなります。

しかし、脂肪酸が大量に取り込まれると、クエン酸がつくられすぎてしまうため、細胞質内にクエン酸が溢れだしてしまいます。

そこで、溢れだしたクエン酸にATPクエン酸リアーゼと呼ばれる酵素が作用し、マロニルCoAと呼ばれる物質に最終的に変化します。

そして、細胞内にマロニルCoAが発生すると、脂肪酸がミトコンドリアに必要以上に取り込まれないように、脂肪酸がエネルギーとして使われなくなるため脂肪が燃焼しなくなります。

一方、HCAはミトコンドリアでつくられるクエン酸と分子構造が似ているので、溢れだしたクエン酸の代わりに酵素と結合します。

そのため、本来のクエン酸は酵素に反応しなくなり、結果として、マロニルCoAは増加しなくなるので、脂肪酸の燃焼を抑制しなくなります。

つまり、ミトコンドリアの中に多くの脂肪酸を取り入れ、脂肪燃焼を続けることが可能となるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です