サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

効果的なトレーニング頻度

効果的なトレーニング頻度

効果的なトレーニング頻度

このエントリーをはてなブックマークに追加

効果的な1週間のトレーニング回数は一概に決めることは難しいようです。

たとえば、週3日トレーニングをしている人が、時間をやりくりして週4日にすることはメリットが大きいでしょう。

1週間の7日のうち4日トレーニングを行うことは、トレーニングをすることが日常となり、しない日が非日常になるからです。

一方、肉体は、トレーニング、栄養、休息の3つのバランスが取れてはじめて進化します。

しかし、トレーニングの回数を増やすことで、このバランスが崩れてしまうのなら、トレーニングを控えたり、運動強度を下げることも必要です。

また、トレーニング内容や回数は変えずに、サプリメントで栄養の要素を強化し、休息面では睡眠の質を上げ、結果として3つのバランスを取ることも可能です。

 トレーニングがマンネリ化したら

トレーニングがマンネリ化して、効果があまり感じられなくなったら、トレーニング法を変えてみることも効果的です。

たとえば、ウエイトを通常の半分程度にして、とにかく素早く挙げ、その重さを意識しながらゆっくりと下ろします。

その際に、決して反動は使わないようにします。

また、ウエイトを完全に下ろしてしまうと、反動なしでの拳上が難しくなるため、完全に下ろす手前で拳上に切り替えるとよいでしょう。

筋肥大を起こすのは速筋と呼ばれる筋肉ですが、ウエイトトレーニングの拳上時には、通常は遅筋から動員されます。

しかし、素早く筋肉を動かした場合は、遅筋ではなく速筋が動員され、ウエイトを下すときにも優先的に速筋が動員されます。

つまり、この方法では速筋が常に意識されるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です