サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

最近発見されたシトルリン

最近発見されたシトルリン

最近発見されたシトルリン

このエントリーをはてなブックマークに追加

1930年にスイカ果汁の中から発見されたシトルリンは、日本では2007年に食品素材としての使用が認められるようになった成分です。

シトルリンは、カラハリ砂漠の野生のスイカに多く含まれ、光が強く乾燥した過酷な環境でも生きていくために、重要な役割を果たしている成分だと考えられています。

アメリカでは血流改善、動脈硬化予防、精力増強などのサプリメントとして、ヨーロッパでは疲労回復の医薬品に使用されています。

シトルリンはアミノ酸の1種ですが、タンパク質の合成には使われず、遊離した状態で血液や尿、細胞中などに存在します。

スイカのほかには、メロンなどのウリ系の食品に多く含まれ、肉、魚、卵などの高タンパク食品にはあまり含まれていません。

一方、シトルリンには一酸化窒素(NO)サイクルという、代謝にかかわる重要な働きがあります。

NOは血球が血管壁に接着することを抑制したり、血管の肥厚抑制、悪玉コレステロールの酸化を抑制することで動脈硬化予防・抑制にも重要な働きをしています。

シトルリンから体内で変換されたアルギニンは、体内でNOの生成を高め、血管を拡張する作用が確認されており、カラダの隅々にまで栄養素を運搬する働きを持っています。

また、NOは神経伝達にも関与しているため、シトルリン摂取が集中力ややる気などの精神面をコントロールしてくれることも期待されています。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です