サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

9種類の必須アミノ酸

9種類の必須アミノ酸

9種類の必須アミノ酸

このエントリーをはてなブックマークに追加

タンパク質を構成する20種類のうち、体内で合成できないため食事やサプリメントからしか摂取できないリジン、ロイシン、フェニルアラニン、バリン、トレオニン(スレオニン)、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、トリプトファンの9種類を必須アミノ酸と呼びます。

必須アミノ酸は、肉、魚、乳製品、卵などに含まれるタンパク質が体内で分解され生成されます。

必須アミノ酸は9種類すべてが必要で、このうち1つでも欠けると、残りの8種類の効果が激減してしまいます。

つまり、9種類のアミノ酸がそれぞれバランスよく摂取されてはじめて効果を発揮するのです。

そこで、総合アミノ酸を購入する際には、9種類が入っているかどうかを基準に選ぶとよいでしょう。

 アミノ酸にはL体とD体がある

アミノ酸には「L体」と「D体」の2種類があります。

このうち体を構成しているアミノ酸はすべてL体です。

一方、D体は自然界には存在しないとされており、D体のアミノ酸を摂取しても、体内でタンパク質の合成や酵素を生成という反応は起きません。

アミノ酸のパッケージの原料表示にある、L-グルタミン、L-アルギニンなどの「L」とは、L体を意味していますが、D体のアミノ酸を使ったサプリメントは存在しないので、アミノ酸の名前に「L」がついていない場合も、すべてが「L体」です。

「フリーフォーム」という言葉もありますが、これはアミノ酸がつながった状態や、タンパク質の状態ではなく、単独のアミノ酸の状態であるという意味です。

 ペプチドはアミノ酸がつながった状態

ペプチドとはアミノ酸がつながった状態のことです。

しかし、アミノ酸が20個つながったものも、2個つながったものもペプチドと呼ばるのでその定義は曖昧です。

ちなみに、2個つながったものをジ・ペプチド、3個つながったものをトリ・ペプチド、10個までのものをオリゴ・ペプチドと呼びます。

タンパク質はアミノ酸が約50個以上つながった状態です。

一方、グルタミンペプチドは、グルタミンというアミノ酸だけがいくつかつながっているのではなく、そのうちの約1/3がアミノ酸としてのグルタミンの量です。

つまり、グルタミンペプチド10g場合は、3g程度がグルタミンの量です。

ジ・ペプチドとトリ・ペプチドはアミノ酸より吸収が速いといわれていますが、これは、タンパク質が分解されてアミノ酸として吸収される場合、アミノ酸として吸収する穴とペプチドと吸収する穴が別々に存在するからです。

そこで、ペプチドを摂取した場合に、そのままペプチドとして吸収されるものと、そのペプチドがさらに分解されてアミノ酸として吸収されるものとがあります。

そこで、ペプチドの方が吸収効率がよいのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です