サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

役に立つトレーニングのはなし

トレーニングを続ける秘訣

トレーニングを続ける秘訣

トレーニングを続ける秘訣にはいくつかがあります。

ひとつは、正しいトレーニング方法を身につけることです。

間違ったトレーニングを行っていると、効果が表れず、やる気も萎えてしまいます。

次に、いろいろな種類のトレーニングを覚えることです。

どんなトレーニングでも、数カ月続けていると飽きてしまいます。

しかし、いろいろな種類のトレーニングを知っていれば、トレーニング方法を変えることで気持ちがリフレッシュし、モチベーションを上げることができます。

今まで重さにこだわっていた人は、回数にこだわるようにしたり、種目を変えてみたりすることで、大きな刺激になるかもしれません。

オフを上手に取ることも重要です。休息を取ることは勇気のいる決断かもしれませんが、カラダだけでなく気持ちも休めることは、継続させるための重要な要素です。

そして、具体的な目標を立てることもトレーニングを続ける秘訣のひとつです。 (さらに…)

脚を効果的に鍛えるトレーニング

脚を効果的に鍛えるトレーニング

脚を鍛えるユニークなトレーニング法があります。

まず、普段6~8回挙げられる重量の70~80%の、重量よりもフォームとゆっくりとしたスピードを重視できるウエイトを設定します。

そして、最初に3秒かけてしっかりとウエイトを挙げます。次に挙げた状態で2秒静止します。

そして今度は4秒かけてしっかりと、鍛えたい筋肉を意識しながら下ろします。 (さらに…)

効果的なトレーニング頻度

効果的なトレーニング頻度

効果的な1週間のトレーニング回数は一概に決めることは難しいようです。

たとえば、週3日トレーニングをしている人が、時間をやりくりして週4日にすることはメリットが大きいでしょう。

1週間の7日のうち4日トレーニングを行うことは、トレーニングをすることが日常となり、しない日が非日常になるからです。

一方、肉体は、トレーニング、栄養、休息の3つのバランスが取れてはじめて進化します。

しかし、トレーニングの回数を増やすことで、このバランスが崩れてしまうのなら、トレーニングを控えたり、運動強度を下げることも必要です。

また、トレーニング内容や回数は変えずに、サプリメントで栄養の要素を強化し、休息面では睡眠の質を上げ、結果として3つのバランスを取ることも可能です。 (さらに…)

筋肉がつくと動きが鈍くなるという誤解

筋肉がつくと動きが鈍くなるという誤解

それぞれの競技には、その特性に応じた理想の体型があります。

アスリートの体型は、マラソン、ゴルフ、サッカー、格闘技と、競技によってさまざまです。

そして、どんな競技でも力を必要とする以上は、筋肉が必要です。

一方、「筋肉がつきすぎると動きが鈍くなる」と誤解している人も多いようです。

しかし、筋肉がつきすぎて動きが鈍くなるのではなく、ウエイトトレーニングの動きと実践の競技の動きがまったく異なるから動きが鈍くなるのです。

つまり、筋肉をつける作業と実践の動きの練習は別であることを理解しておく必要があるのです。

筋肉をつける作業を行っても、実践の競技に必要な動きの練習を行わなければスポーツは上達しません。

最近のプロゴルファーは、オフの最初の段階ではゴルフの動きから離れて筋肉を強化する練習を行い、次にスピードの要素や筋肉と筋肉を連動させる要素を加味し、シーズンが近づくにつれ、スイングなどの実践の動きに重点をシフトしているようです。 (さらに…)