サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

エネルギー

乳酸とトレーニングの関係

乳酸とトレーニングの関係

トレーニングで筋肉が必要とするエネルギーは、食事から摂取した炭水化物や脂質などの栄養素からつくられており、素早く大きなパワーを必要とする高強度のトレーニングでは、食事から摂取したグルコースがピルビン酸に分解されて筋肉に溜められ、酵素の力で乳酸を生成します。

そして、乳酸が筋肉に蓄積すると、通常は中性である筋肉が急速に酸性に偏り、筋肉の働きが悪くなるため、パフォーマンスが低下します。

しかし、最近の研究で、乳酸がエネルギー源になることが明らかになりました。無酸素パワーを必要とする場合に、まず速筋繊維内でグリコーゲンがピルビン酸を介して乳酸に産生されますが、この乳酸は、蓄積されるだけでなく、筋肉から一度血中へ排出され、遅筋繊維に取り込まれます。 (さらに…)

エネルギーになりやすい中鎖脂肪酸

エネルギーになりやすい中鎖脂肪酸

脂肪は脂肪酸という成分で構成されています。

脂肪酸は炭素が鎖状につながった形をしていますが、その長さによって、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分類されます。

食用植物油のほとんどは、炭素が12個以上つながった長鎖脂肪酸で構成されています。

長鎖脂肪酸はカラダに吸収された後、リンパ管、静脈を経由して脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ、蓄積され、必要に応じて分解されてエネルギーとなりますが、摂取しすぎると吸収時間に時間がかかり、体脂肪として蓄積されやすくなります。 (さらに…)