サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

タンパク質

ペプチドの製造方法

ペプチドの製造方法

ペプチドの製造方法は2種類あります。

ひとつは、アミノ酸同士の中和作用でつくられるジペプチドで、2つのアミノ酸が結合したものです。

現在日本では、その中のL-リジンL-グルタミン酸塩、L-リジンL- アスパラギン酸塩、L-アルギニンL-グルタミン酸塩の3つのみが食品添加物としての使用が認可されています。

しかし、アスパラギン酸やグルタミン酸は製造コストが高いうえに、運動やトレーニングには有用ではないため、サプリメントとしては使用されていません。 (さらに…)

コラーゲンの働き

コラーゲンの働き

コラーゲンはタンパク質の一種で、カラダの中に非常に多く含まれており、皮膚の水分を除いた重量の約70%はコラーゲンが占めています。

そこで、最近では、コラーゲン=美容・肌ケアといったイメージが定着しています。

一方、骨や関節を構成するたんぱく質の大部分がコラーゲンです。

コラーゲンを構成するアミノ酸はグリシンが約33%、プロリンが約13%、アラニンが約11%、ヒドロキシプロリンが約9%となっており、この4種類のアミノ酸が構成アミノ酸の3分の2を占めており、メチオニン、リジン、イソロイシン、バリン、グルタミン、アルギニン、システイン、ヒスチジンなどの他のアミノ酸は、それぞれ1%未満しか含まれていません。

また、必須アミノ酸であるトリプトファンはまったく含まれていません。 (さらに…)

9種類の必須アミノ酸

9種類の必須アミノ酸

タンパク質を構成する20種類のうち、体内で合成できないため食事やサプリメントからしか摂取できないリジン、ロイシン、フェニルアラニン、バリン、トレオニン(スレオニン)、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、トリプトファンの9種類を必須アミノ酸と呼びます。

必須アミノ酸は、肉、魚、乳製品、卵などに含まれるタンパク質が体内で分解され生成されます。

必須アミノ酸は9種類すべてが必要で、このうち1つでも欠けると、残りの8種類の効果が激減してしまいます。

つまり、9種類のアミノ酸がそれぞれバランスよく摂取されてはじめて効果を発揮するのです。

そこで、総合アミノ酸を購入する際には、9種類が入っているかどうかを基準に選ぶとよいでしょう。 (さらに…)

タンパク質とアミノ酸の違い

タンパク質とアミノ酸の違い

アミノ酸はタンパク質を構成する最小単位の物質。

タンパク質はアミノ酸がつながってつくられ、タンパク質が分解されるとアミノ酸になります。

プロテインも最終的にはアミノ酸の形でカラダに吸収され、体内で利用されます。 (さらに…)

プロテインとはタンパク質のこと

プロテインとはタンパク質のこと

プロテインとはタンパク質のことです。

サプリメントとしてのプロテインは、牛乳や大豆、卵などからタンパク質だけを抽出して、粉末状にしたもののことで、通常は、さらにビタミンミネラルを配合して付加価値を高めています。

プロテインの原料の牛乳は「ホエイ」と「カゼイン」に分類され、ホエイは純度によって「WPI」と「WPC」に分類されます。

ホエイの栄養価は筋力アップに効果的で、カゼインは長時間の栄養価維持に有効です。また、ダイエットには大豆が最適です。

タンパク質を豊富に含む食品には、肉、魚、豆類などがあります。 (さらに…)

タンパク質

タンパク質

タンパク質は、髪の毛や皮膚、筋肉をつくる材料で、乳製品、肉、魚、卵、大豆などに多く含まれます。

タンパク質を構成する最小単位のものはアミノ酸と呼ばれます。

タンパク質は約20種類のアミノ酸からつくられていますが、そのなかの9種類のアミノ酸は、体内で生成することができないため、「必須アミノ酸」という呼び方をします。

タンパク質は体内に取り込まれると、アミノ酸に分解されて、筋肉、臓器、皮膚、毛髪、神経などの細胞組織の成分を構成し、また、酵素、ホルモン、免疫物質、筋収縮や輸送に関与する物質など、さまざまなカラダの代謝反応の媒体として機能します。

ごくまれにではありますが、糖質の摂取量が不足すると、アミノ酸がエネルギーとして消費されることあります。