サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

トレーニング

トレーニングを続ける秘訣

トレーニングを続ける秘訣

トレーニングを続ける秘訣にはいくつかがあります。

ひとつは、正しいトレーニング方法を身につけることです。

間違ったトレーニングを行っていると、効果が表れず、やる気も萎えてしまいます。

次に、いろいろな種類のトレーニングを覚えることです。

どんなトレーニングでも、数カ月続けていると飽きてしまいます。

しかし、いろいろな種類のトレーニングを知っていれば、トレーニング方法を変えることで気持ちがリフレッシュし、モチベーションを上げることができます。

今まで重さにこだわっていた人は、回数にこだわるようにしたり、種目を変えてみたりすることで、大きな刺激になるかもしれません。

オフを上手に取ることも重要です。休息を取ることは勇気のいる決断かもしれませんが、カラダだけでなく気持ちも休めることは、継続させるための重要な要素です。

そして、具体的な目標を立てることもトレーニングを続ける秘訣のひとつです。 (さらに…)

脚を効果的に鍛えるトレーニング

脚を効果的に鍛えるトレーニング

脚を鍛えるユニークなトレーニング法があります。

まず、普段6~8回挙げられる重量の70~80%の、重量よりもフォームとゆっくりとしたスピードを重視できるウエイトを設定します。

そして、最初に3秒かけてしっかりとウエイトを挙げます。次に挙げた状態で2秒静止します。

そして今度は4秒かけてしっかりと、鍛えたい筋肉を意識しながら下ろします。 (さらに…)

効果的なトレーニング頻度

効果的なトレーニング頻度

効果的な1週間のトレーニング回数は一概に決めることは難しいようです。

たとえば、週3日トレーニングをしている人が、時間をやりくりして週4日にすることはメリットが大きいでしょう。

1週間の7日のうち4日トレーニングを行うことは、トレーニングをすることが日常となり、しない日が非日常になるからです。

一方、肉体は、トレーニング、栄養、休息の3つのバランスが取れてはじめて進化します。

しかし、トレーニングの回数を増やすことで、このバランスが崩れてしまうのなら、トレーニングを控えたり、運動強度を下げることも必要です。

また、トレーニング内容や回数は変えずに、サプリメントで栄養の要素を強化し、休息面では睡眠の質を上げ、結果として3つのバランスを取ることも可能です。 (さらに…)

乳酸とトレーニングの関係

乳酸とトレーニングの関係

トレーニングで筋肉が必要とするエネルギーは、食事から摂取した炭水化物や脂質などの栄養素からつくられており、素早く大きなパワーを必要とする高強度のトレーニングでは、食事から摂取したグルコースがピルビン酸に分解されて筋肉に溜められ、酵素の力で乳酸を生成します。

そして、乳酸が筋肉に蓄積すると、通常は中性である筋肉が急速に酸性に偏り、筋肉の働きが悪くなるため、パフォーマンスが低下します。

しかし、最近の研究で、乳酸がエネルギー源になることが明らかになりました。無酸素パワーを必要とする場合に、まず速筋繊維内でグリコーゲンがピルビン酸を介して乳酸に産生されますが、この乳酸は、蓄積されるだけでなく、筋肉から一度血中へ排出され、遅筋繊維に取り込まれます。 (さらに…)

クエン酸の効果

クエン酸の効果

クエン酸はレモン果汁や梅干の酸味の素となっている成分で、有機酸と呼ばれる素材です。

多くの飲料に清涼感を出すために添加されていますが、トレーニングの分野でも注目されています。

クエン酸はエネルギー代謝の中心的な中間代謝物で、トレーニングで筋肉内のクエン酸合成酵素活性が上昇すると、連動してクエン酸濃度も上昇します。

そこで、トレーニング中や直後にクエン酸を摂取すると、運動パフォーマンス向上、疲労物質除去、グリコーゲン合成の促進が期待できます。

研究結果では、数分間の短時間運動の前にクエン酸を摂取すると、血液のPHの低下を抑制する作用などで、パフォーマンスの改善が報告されています。

また、ラットに持久的運度で肝臓と筋肉のグリコーゲンを低下させた後で、クエン酸とグルコースを併用投与すると、グルコースを単独で投与した場合よりも両組織のグリコーゲンの合成が促進されることが確認されています。 (さらに…)

摂取する目的を明確にする

摂取する目的を明確にする

サプリメントは、その人に合った種類、タイミング、量を摂取することで効果を引き出すことができます。

しかし、あくまでも食品なので、効果や効能はダイレクトに表現できないため、続けられない人も多いようです。

サプリメントを続けるためには、摂取する目的を明確にして、なぜそれが自分に必要なのかを考えることが重要です。

プロテインなどの味がまずくて続けられないという人は、おいしく飲めるように、牛乳やオレンジジュースで溶かすなどの工夫をしてみるとよいでしょう。

最近のプロテインは味もかなりよくなっており、チョコレートやフルーツなどのフレーバーがついているものも多くあります。

「このサプリメントは自分のカラダの一部に変わっているのだ」というイメージを持って摂取することも、長く続けるコツといえるでしょう。 (さらに…)

トレーニングだけでは筋肉は大きくならない

トレーニングだけでは筋肉は大きくならない

トレーニングをしているのに、筋肉が大きくならないという悩みをよく耳にします。

もし、トレーニングの内容に問題がないのであれば、「栄養」に問題があるかもしれません。

まず、壊れた筋繊維に確実に栄養を送り込むために、トレーニング後1時間以内にプロテインを飲むようにします。

すでにプロテインを利用して、ハードなトレーニングをしている人は、デキストリンなどの糖質入りのプロテインを少し多めに飲むと効果的です。

糖質とプロテインの比率は4対1が理想的といわれているので、普通のプロテインをオレンジジュースやスポーツドリンクで溶かしたり、プロテインの摂取といっしょにバナナを食べてもよいでしょう。 (さらに…)