サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

乳酸

乳酸とトレーニングの関係

乳酸とトレーニングの関係

トレーニングで筋肉が必要とするエネルギーは、食事から摂取した炭水化物や脂質などの栄養素からつくられており、素早く大きなパワーを必要とする高強度のトレーニングでは、食事から摂取したグルコースがピルビン酸に分解されて筋肉に溜められ、酵素の力で乳酸を生成します。

そして、乳酸が筋肉に蓄積すると、通常は中性である筋肉が急速に酸性に偏り、筋肉の働きが悪くなるため、パフォーマンスが低下します。

しかし、最近の研究で、乳酸がエネルギー源になることが明らかになりました。無酸素パワーを必要とする場合に、まず速筋繊維内でグリコーゲンがピルビン酸を介して乳酸に産生されますが、この乳酸は、蓄積されるだけでなく、筋肉から一度血中へ排出され、遅筋繊維に取り込まれます。 (さらに…)

クエン酸の効果

クエン酸の効果

クエン酸はレモン果汁や梅干の酸味の素となっている成分で、有機酸と呼ばれる素材です。

多くの飲料に清涼感を出すために添加されていますが、トレーニングの分野でも注目されています。

クエン酸はエネルギー代謝の中心的な中間代謝物で、トレーニングで筋肉内のクエン酸合成酵素活性が上昇すると、連動してクエン酸濃度も上昇します。

そこで、トレーニング中や直後にクエン酸を摂取すると、運動パフォーマンス向上、疲労物質除去、グリコーゲン合成の促進が期待できます。

研究結果では、数分間の短時間運動の前にクエン酸を摂取すると、血液のPHの低下を抑制する作用などで、パフォーマンスの改善が報告されています。

また、ラットに持久的運度で肝臓と筋肉のグリコーゲンを低下させた後で、クエン酸とグルコースを併用投与すると、グルコースを単独で投与した場合よりも両組織のグリコーゲンの合成が促進されることが確認されています。 (さらに…)