サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

必須アミノ酸

コラーゲンの働き

コラーゲンの働き

コラーゲンはタンパク質の一種で、カラダの中に非常に多く含まれており、皮膚の水分を除いた重量の約70%はコラーゲンが占めています。

そこで、最近では、コラーゲン=美容・肌ケアといったイメージが定着しています。

一方、骨や関節を構成するたんぱく質の大部分がコラーゲンです。

コラーゲンを構成するアミノ酸はグリシンが約33%、プロリンが約13%、アラニンが約11%、ヒドロキシプロリンが約9%となっており、この4種類のアミノ酸が構成アミノ酸の3分の2を占めており、メチオニン、リジン、イソロイシン、バリン、グルタミン、アルギニン、システイン、ヒスチジンなどの他のアミノ酸は、それぞれ1%未満しか含まれていません。

また、必須アミノ酸であるトリプトファンはまったく含まれていません。 (さらに…)

BCAAの効果

BCAAの効果

BCAAとは、必須アミノ酸9種類のうち、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の総称で、日本では分岐鎖アミノ酸と呼ばれています。BCAAは筋肉の主原料となっているアミノ酸で、必須アミノ酸として利用される以外にも独自の効果があります。

ひとつは筋肉の超回復に効果的であることです。

ふたつ目は、エネルギーとして利用されることが挙げられます。

そして三つ目は、集中力の維持に効果であることです。

血液中にはBCAAとトリプトファンという2つのアミノ酸がバランスを取っており、BCAAが減少すると、脳内でリラックス物質の原料となるトリプトファンの比率が高くなり、リラックス物質がつくられ、集中力が切れる原因となります。反対に、BCAAを大量に摂取すると、トリプトファンの比率が低くなり、集中力が維持されやすくなります。

BCAAはプロテインの原料の中では、大豆やカゼインなどの比べてホエイに多く含まれているため、ボディビルダーはホエイを選ぶ傾向にあります。 (さらに…)

9種類の必須アミノ酸

9種類の必須アミノ酸

タンパク質を構成する20種類のうち、体内で合成できないため食事やサプリメントからしか摂取できないリジン、ロイシン、フェニルアラニン、バリン、トレオニン(スレオニン)、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、トリプトファンの9種類を必須アミノ酸と呼びます。

必須アミノ酸は、肉、魚、乳製品、卵などに含まれるタンパク質が体内で分解され生成されます。

必須アミノ酸は9種類すべてが必要で、このうち1つでも欠けると、残りの8種類の効果が激減してしまいます。

つまり、9種類のアミノ酸がそれぞれバランスよく摂取されてはじめて効果を発揮するのです。

そこで、総合アミノ酸を購入する際には、9種類が入っているかどうかを基準に選ぶとよいでしょう。 (さらに…)