サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

筋肉

筋肉がつくと動きが鈍くなるという誤解

筋肉がつくと動きが鈍くなるという誤解

それぞれの競技には、その特性に応じた理想の体型があります。

アスリートの体型は、マラソン、ゴルフ、サッカー、格闘技と、競技によってさまざまです。

そして、どんな競技でも力を必要とする以上は、筋肉が必要です。

一方、「筋肉がつきすぎると動きが鈍くなる」と誤解している人も多いようです。

しかし、筋肉がつきすぎて動きが鈍くなるのではなく、ウエイトトレーニングの動きと実践の競技の動きがまったく異なるから動きが鈍くなるのです。

つまり、筋肉をつける作業と実践の動きの練習は別であることを理解しておく必要があるのです。

筋肉をつける作業を行っても、実践の競技に必要な動きの練習を行わなければスポーツは上達しません。

最近のプロゴルファーは、オフの最初の段階ではゴルフの動きから離れて筋肉を強化する練習を行い、次にスピードの要素や筋肉と筋肉を連動させる要素を加味し、シーズンが近づくにつれ、スイングなどの実践の動きに重点をシフトしているようです。 (さらに…)

痩せるためには筋肉をつける

痩せるためには筋肉をつける

「筋肉をつける」というと、太くなることをイメージしがちです。

しかし、筋肉をつけると基礎代謝が上がり、エネルギーを消費しやすいカラダになるのです。

つまり、眠っている間にどんどん脂肪が燃焼し、カロリーを消費してくれるようになるのです。

しかし、筋肉はすぐにはついてくれないので、どうしても途中で挫折しやすくなってしまいます。

その場合は、3カ月とか6カ月といった期間の目標を立て、さらに、その期間を細分化した目標を立てると継続しやすくなるようです。

このように、筋肉をつけることは楽して痩せるための最大の手段なのです。

トレーニングだけでは筋肉は大きくならない

トレーニングだけでは筋肉は大きくならない

トレーニングをしているのに、筋肉が大きくならないという悩みをよく耳にします。

もし、トレーニングの内容に問題がないのであれば、「栄養」に問題があるかもしれません。

まず、壊れた筋繊維に確実に栄養を送り込むために、トレーニング後1時間以内にプロテインを飲むようにします。

すでにプロテインを利用して、ハードなトレーニングをしている人は、デキストリンなどの糖質入りのプロテインを少し多めに飲むと効果的です。

糖質とプロテインの比率は4対1が理想的といわれているので、普通のプロテインをオレンジジュースやスポーツドリンクで溶かしたり、プロテインの摂取といっしょにバナナを食べてもよいでしょう。 (さらに…)